茨城土産の銘菓まとめ!茨城の美味しい銘菓を紹介

茨城県といえば筑波山、水戸納豆などが有名ですが、どんな銘菓があるかってご存じですか?

緑豊かな山々と工業化が進んでいる茨城県ですが、いったいどのような銘菓があるのでしょうか。すぐに思いつかなくてもみれば「ああっ」と思うかもしれませんね。

ここではそんな群馬県のお土産をご紹介致します。

※本記事の画像はJTBショッピングサイト 他ツイッター等引用

Amazonや楽天等での購入は転売で販売され、賞味期限が切れていたりトラブルが多いそうなので注意が必要です。マージンも取られるので地味に高いです。

口に入るものですので日持ちする物以外で、もし通販購入の際はトラベルショップか直接オンラインショップでの利用の方が安全だと思います。

他、関東地方のリンクは下記です

 ・群馬土産の銘菓まとめ!群馬の美味しい銘菓を紹介

 ・東京土産の銘菓まとめ!東京の美味しい銘菓を紹介

 ・栃木土産の銘菓まとめ!栃木の美味しい銘菓を紹介

 ・神奈川土産の銘菓まとめ!神奈川の美味しい銘菓を紹介

 ・埼玉土産の銘菓まとめ!埼玉の美味しい銘菓を紹介

 ・千葉土産の銘菓まとめ!千葉の美味しい銘菓を紹介


 

Sponsored Link

茨城土産の鉄板銘菓5選

茨城県といえば、水戸。水戸といえば水戸納豆を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?ご当地のグルメとしては常陸牛やあんこう鍋が美味しいですよね。では、銘菓はどんなのが有名なのでしょうか?

ですので、いろんなランキングで上位として挙げられている茨城の銘菓5選をご紹介致します。

 

【水戸の梅】




水戸の銘菓と言われる和菓子です。白餡を求肥で包み込み、さらに梅酢にしっかりと漬け込んだ赤紫蘇の葉で包んでいます。

その香りは独特の風味を与えた人気の銘菓です。お店によってはこし餡などバリエーションも存在します。

 

【吉原殿中】




あられを水飴で固定して棒状にしてからきなこをふったシンプルなお菓子です。女中の吉原という女性が考案した残ったご飯粒で作ったものがきっかけで生まれたものという話です。

素朴でいて、ふわふわと柔らかい食感でおいしいと評判です。

 

【メロンバームプレミアム】

 

普通のメロンバームも美味しいですが、メロンバームプレミアムはもっと凄いです!鉾田市で作られた完熟メロンをふんだんに使って作りあげられた贅沢な銘菓。

お値段はその分高めですが、しっとりしたメロン羊羹がぎっしりと詰まっていて味わい深い品です。ちなみに、直営店舗である深作農園は行列ができるほどです。

 

【納豆味スナック】

 

納豆好き必見!納豆味のうまい棒と言われればそれまでですが、納豆独特の風味と粘り気が口の中に広がる不思議ながらも美味しいスナックです。

納豆が苦手な人は遠慮した方がいいかと思いますが、好きな人であれば一度お試しあれ。

 


 

【鹿島アントラーズ どらやき】

 

 

鹿島アントラーズといえば、Jリーグで有名なサッカーチームですよね。そのエンブレムが入ったどら焼きです。サッカー好きの方はぜひ購入してお試しを。別チームファンは……えっと、憎しみを込めながらその口で飲み込んでやってください。どら焼きに罪はありません。

熟練の職人が作ったものなので、その味は確かです。

 


好みとセンスで選ぼう!茨城銘菓10選

鉄板5選としましたが、まだまだご紹介したい銘菓がいっぱいある茨城県。美味しい銘菓や珍しいものまでありすぎて困ってしまいます。

ですが、全部あげていたらきりがないので10選としました。ぜひご覧になってください。

 

【茨城栗饅】



実は茨城県は栗の生産量が日本一なんです。なので栗まんじゅうが好きな人はこれじゃないでしょうか。

きざみ栗に白餡を和えて栗の形に作ったもの。栗の形をしているのは面白くて可愛いですよね。子供に喜ばれそうです。

 

【宇宙食】

 

驚くなかれ、JAXAつくば宇宙センターでは、なんと宇宙食が売られています。一般人が宇宙に行けるのはまだまだ先の話。しかし、食事だけでもその気分を体験してしまいましょう。

実際に宇宙飛行士が持って行って食べているものかどうかは別として、お土産として珍しいのは間違いなし!冗談の利く友人に贈ってみてはいかがでしょう。

 

【納豆羊羹】

 

水戸といえば、納豆。和菓子といえば羊羹。そのふたつがまさかのコラボした納豆羊羹。

形は普通の羊羹ですが……実はちょっと、しょっぱいらしいです。羊羹なのに塩気がある?しかし、これが好きという人もいるらしいのです。

まさに珍味ですね。

 

 【のし梅】




水戸の伝統的和菓子の「のし梅」ですが、見たまま薄い短冊のようなゼリーのような梅菓子を竹の皮でくるんだお菓子です。

実は山形の銘菓でも同じようなものがあるのですが、どちらが先か。さっぱりとした味わいに暑気よけとして昔は食べられていたそうです。

 

【サメチョコ】

 

アクアワールド大洗で販売されている、サメチョコ。サメの形をしたチョコレートがポイント。

ぜひバレンタインの時期には会社などの配布用義理チョコとしてこういったアクセントのあるチョコレートを!

 

【栗ひとつ】




栗と白餡をしぐれ餡で包み、蒸しあげた上品な味わいのお菓子です。

栗がまるごとひとつ入っていて、香りと味がとてもいい銘菓です。お茶請けに最適ではないでしょうか。

 

【はま栗最中】

 

鹿嶋の老舗が販売しているはま栗最中です。栗餡に求肥が入ったものです。

見た目、本物のはまぐりのような形をしていて、中はしっかり甘くそして美味しいお菓子です。

 

【おみたまプリン】

 

セレブご用達といわれるほどの高級プリン。しかし、その味はかなり確かなもので卵が濃厚、甘さも控えめ、リピーター続出の逸品です。まろやかで、まさにほっぺたが落ちる美味しさ。

4個入りで¥2,060- と高級プリンらしいお値段ですが、買えない高さでもなく贈答用としても最適なプリンです。

 

【大みか饅頭】

 

日立の銘菓、大みか饅頭は白さ・美しさ・上品さをかねそなえた和菓子。手土産にすると、どこに持って行っても評判がいいと言われるくらい美味しいお饅頭です。

もっちりとしていて、甘さも控えめ。県内・県外を問わずファンが多い銘菓です。食べ過ぎカロリー過多にはご注意。

 

【メロンようかん】

 


 

鉾田市のメロンをたっぷり使ったほのかなメロンの香り、風味がひきたった羊羹です。

買った人からは美味しいと評判の声がありますが、美味しいもの尽くしの茨城県産の銘菓としては目立ってないところもあるので、ぜひ何らかの機会にご賞味ください。



Sponsored Link


まとめ

以上、茨城のお土産銘菓の鉄板5選とその他10選で15種類をご紹介させていただきました。

メロン・栗の産地ということもあり、有名な納豆などを見事に銘菓として商品化されていますね。

非常に茨城県は銘菓やお土産が多く、宇宙食なんて特殊なお土産もありで旅行に行った際になかなか迷うこともあるかと思いますが、いまの時代はお取り寄せもできますのでぜひ色んな味を確かめていただきたいと思います。

冒頭で書いたように地元の転売ヤーが横行しているようで、賞味期限切れなど下手なトラブルにならないよう、お気をつけください。

もちろん、本ブログを茨城に観光に行った時のお土産の参考のひとつとしていただけるのでしたら幸いです。