群馬土産の銘菓まとめ!群馬の美味しい銘菓を紹介

群馬県といえば草津・伊香保・水上など温泉地で有名ですが、どんな銘菓があるかってご存じですか?

有名な温泉地は思いついても、銘菓についてぱっと思い浮かべる人は少ないかと思います。むしろ、思いつく人は何度か旅行したことがあるのでしょうか?

ここではそんな群馬県のお土産をご紹介致します。

※本記事の画像はJTBショッピングサイト 他ツイッター等引用

Amazonや楽天等での購入は転売で販売され、賞味期限が切れていたりトラブルが多いそうなので注意が必要です。マージンも取られるので地味に高いです。

口に入るものですので日持ちする物以外で、もし通販購入の際はトラベルショップか直接オンラインショップでの利用の方が安全だと思います。

他、関東地方のリンクは下記です

 ・東京土産の銘菓まとめ!東京の美味しい銘菓を紹介

 ・栃木土産の銘菓まとめ!栃木の美味しい銘菓を紹介

 ・茨城土産の銘菓まとめ!茨城の美味しい銘菓を紹介

 ・神奈川土産の銘菓まとめ!神奈川の美味しい銘菓を紹介

 ・埼玉土産の銘菓まとめ!埼玉の美味しい銘菓を紹介

 ・千葉土産の銘菓まとめ!千葉の美味しい銘菓を紹介


 

Sponsored Link

群馬土産の鉄板銘菓5選

群馬といえば、「釜めし」や「だるま弁当」とか有名ですよね。ですが、銘菓も負けてはいません。とても美味しいお菓子がたくさんあります。

ですので、いろんなランキングで上位として挙げられている群馬の銘菓5選をご紹介致します。

【旅がらす】



いまや群馬土産の定番といっていい「旅がらす本舗清月堂」のお菓子です。鉱泉せんべいに上質なミルククリームを挟んだサクサクで美味しい銘菓です。

お茶・コーヒー・紅茶となんでも合うので、群馬土産の定番も定番です。

【ガトーフェスタ ハラダ グーテ・デ・ロア】

 

今や全国のデパートでも販売されていて、見たことや食べたことのある人は多いのではないでしょうか?実はこれ、群馬の銘菓なんです。

サクサクとした食感とほんのり甘い味がくせになります。食べたことない人は、一度ご賞味ください。

 

【大和屋 珈琲ゼリー】

 

コーヒー専門店が作ったまさに、本物のコーヒーゼリーというべきでしょう。画像のようにお皿に乗せてコーヒーミルクをかけた姿は羊蹄山(北海道)のイメージで作られています。

コーヒー独特の味が口の中に広がる評判のお土産です。

 

【湯の花まんじゅう】

 

温泉地によくある温泉饅頭の発端といわれている、伊香保の湯の花まんじゅうですはもう、ここの温泉地の定番銘菓です。

お土産用は残念ながら冷めていますが、伊香保温泉の蒸気で蒸されたアツアツのおまんじゅうは「美味しい!」の一言。たぶん、ここの温泉地に来た人の多くが食していると思われるくらい定番です。

【ぐんまちゃん生ロールケーキ】

 

あえてこの5選の中に入れてみました!群馬県のマスコットキャラクターをロールケーキにした洋菓子です。

ふわふわの美味しい生地だそうですが、これを切り分けるのはちょっと勇気がいるかもしれません。子供のいる家庭や女性へのお土産として買って帰ると好感度上がりそうな可愛いデザインですね!

 


好みとセンスで選ぼう!群馬銘菓10選

まだまだいっぱいある群馬のお土産銘菓。観光客が多い地域だからこそ、多くの試みがされていろんな銘菓が生まれています。ぜひ自身のお好みで買ってみてください。

全部あげていたらきりがないので、10選としました。ぜひご覧になってください。

 

【かりんとう 甘いだし醤油】


 

老舗のうどん店である花山うどんが出しているお菓子で、元はまかないで出されていたものだったのだとか。

さくさく食感のこのかりんとうは、甘くもほのかに醤油が香ります。

 

【焼きまんじゅう】

 

群馬の郷土料理である「焼きまんじゅう」は甘辛い味噌だれをたっぷりとつけて丁寧に焼いたおまんじゅうですが、群馬県民のソウルフードと呼ばれるくらい美味なのです。

焼きまんじゅうの老舗はいくつかありますが、どこも味が違うので現地では味比べをしてみるのも面白いかもしれません。

 


【下仁田ねぎ煎餅】

https://twitter.com/6xx9/status/1035559927916331009

 

有名な下仁田ネギの産地である群馬。そのネギの味をお煎餅にしました。

しっかりとネギの風味を感じることができ、しかも薄くて食べやすくて美味しいと一度食べたことがある人からは評判です。

ぜひご賞味あれ。

 

【かいこの王国 かいこの一生】

 

丸エイ食品が作ったチョコレート菓子ですが、見た目のインパクトがとにかくやばいです。しかし、もはやこのデザインはお菓子の芸術といってもいいかもしれません。お土産としてはかなり人気の商品らしいですよ。

しかし、この見た目ですので本格的に虫が嫌いな人はたぶんダメかもしれません。

 

【まゆこもり】

 

カイコ繋がりで、繭(まゆ)になったカイコをイメージしたものです。「くず湯」ですので、溶かして食べる胃にやさしいものです。

なめらかな口当たりで、その形の可愛さからもお土産として喜ばれる商品です。

【七福神あられ】

 

ゆるキャラのような可愛い七福神の描かれたパッケージのお煎餅です。一つ一つが小さなお煎餅で、それぞれに違う味を楽しむことができます。

大人数の職場や、主婦達で何人か集まるときとかにお土産として出すと喜ばれるのではないでしょうか。

 

【草津温泉 たまごボーロ】

 

草津温泉限定のたまごボーロです。ただでさえ普通に食べても美味しいたまごボーロですが、こうしてご当地仕様になるとちょっと特別感というものがありますよね。

さくっと美味しく、スッと口の中で消えていく甘味。職場には合わないかもしれませんが、子持ちのお母さんにお土産として渡すと、とても喜ばれるのではないでしょうか。

 

【こんにゃく大福】

 

低カロリーにして、食物繊維が豊富に入っている大福です。

一つ一つは小さなサイズですが、もちもちした食感と包んだ餡の甘さが絶妙にマッチする美味しい大福です。食べ過ぎ注意ですが、特にダイエット中の方はぜひチェックしてください。

【樫の木 バウムクーヘン】

 

銘菓の定番、バウムクーヘンですがこの『樫の木』というお店はバウムクーヘンの専門洋菓子店で、スタンダードはこのチョコクーヘンですが、季節によっても限定のクーヘンがあります。

贈答用として箱入り、のしつけなどの対応もしているのでちょっとした時にプレゼントするような物として購入するのもいいかもしれませんね。

 

【生クリーム大福】

 

お餅の中に餡が入り、さらにそれに包まれるかのように生クリームが入ったまさに和と洋の融合した大福。販売は「妙ちくりん」です。

バランスも硬さも絶妙に合わさり、12の味が誘惑してきます。思わぬ食べ過ぎにご注意です。

 

【完熟フロマージュ】

 

チーズケーキの専門店「CHEESE CAKE FARM」が作った、一口サイズのスフレです。

濃縮されたチーズが風味をもたらし、その食感は口の中でとろけて消えるようです。

 



Sponsored Link


まとめ

以上、群馬のお土産銘菓の鉄板5選とその他10選で15種類をご紹介させていただきました。

温泉地があるだけあってお饅頭系が多い印象でしたが、最近では洋菓子も多く銘菓として出てきている様子です。

簡単に食べられそうなものから、高級そうなものまで多々ありますね。

そんなときに食べてみたいと思ったら取り寄せられるのもいまの時代便利ですよね。商品画像はツイッター画像と冷凍食品物以外は全てJTBさんのリンクです。なぜなら、お取り寄せでしたらトラベルサイトが安全だと思います。

といっても、群馬の商品はあまりなかったのでツイッター画像が多くなってしまっています。

冒頭で書いたように地元の転売ヤーが横行しているようで、賞味期限切れなど下手なトラブルにならないよう、お気をつけください。

もちろん、本ブログを群馬に観光に行った時のお土産の参考のひとつとしていただけるのでしたら幸いです。