愛媛土産の銘菓まとめ!愛媛の美味しい銘菓を紹介

四国の北西部、瀬戸内海に面している自然と文化の残る愛媛県。

そんな愛媛県ですがどんな銘菓があるのでしょう?愛媛県といえばミカンですが、ではお菓子は?

意外と県ごとの銘菓って知らないものです。そんな方たちの少しの情報になれば幸いです。

※本記事の画像はJTBショッピングサイト 他ツイッター等引用

Amazonや楽天等での購入は転売で販売され、賞味期限が切れていたりトラブルが多いそうなので注意が必要です。マージンも取られるので地味に高いです。

口に入るものですので日持ちする物以外で、生菓子等をもし通販購入の際はトラベルショップか直接オンラインショップでの利用の方が安全だと思います。

他、四国地方のリンクは下記です

 ・香川土産の銘菓まとめ!香川の美味しい銘菓を紹介

 ・徳島土産の銘菓まとめ!徳島の美味しい銘菓を紹介

 高知土産の銘菓まとめ!高知の美味しい銘菓を紹介


 

Sponsored Link

愛媛土産の鉄板銘菓5選

本州、それも関東より上の地方の人ですとあまり行く機会がないであろう四国ですが、遠ければ遠いほどその県の銘菓とかお土産とか知らないものですよね。

美味しいものもあるのにもったいない!旅行に行ったらぜひ食べてみたい!事前に知っているのと知らないのとでは大違いです。

まずはそんな、愛媛の銘菓5選をご紹介致します。いろんなサイトでも挙げられているのでまさに定番のものです。

 

【一六タルト】



 

多くのサイト、多くの人がオススメする愛媛銘菓としてもっとも紹介されるのがこの「一六タルト」ではないでしょうか?

とってもやわらかなスポンジに、口の中で広がる柚子の風味のこしあんが巻かれたとっても美味しいお菓子です。

しっとりとしていて、お土産にも大人気なものです。

【まるごとみかん大福】

 


季節のフルーツを大福に入れたものの一つで、みかんをそのまま白餡とお餅で包み込みました。

テレビでも紹介され、評判も一気にあがり一見すると合わなそうな大福とみかんですが、これが相性がよく美味しいと有名になりました。

実は白餡より中のみかんの方が甘いんだとか。

 【坊っちゃん団子】


 

愛媛の有名で歴史のある銘菓のひとつが、この夏目漱石の「坊っちゃん」の作中で出たことで名付けられたお団子です。

抹茶・卵黄・小豆の3種の餡が串につけられ、色合いも良ければもちもち食感で美味しいという評判のこのお団子は、お土産として買って帰る人が多いそうです。

愛媛県内の各お菓子メーカーが出しているので、手に入れやすいと思います。

【山田屋まんじゅう】

 

慶応三年。つまり、1867年に創業した老舗の秘伝を込められた味の詰まったおまんじゅうです。

ひとつは小さいですが、厚めに皮に控えめな上品さのある餡がとても贅沢な味をひきたてます。

本格的な渋い抹茶を立てる席に相応しいお菓子かもしれませんね。

【坂の上の雲】



 

司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」から作られたお菓子です。

このおまんじゅう、雲の形をイメージして作られたのだそうで、中は伊予柑の風味にミルクの味がふわっと口の中に広がります。

しっとり小さなおまんじゅうですので、お茶請けにいいかと思います。



好みとセンスで選ぼう!愛媛銘菓10選

鉄板5選としましたが、愛媛県の銘菓はもちろん、これだけではありません。鉄板は皆が買うもので、あまり考えないで済みますが、やはりお土産にするなら喜ばれたいですよね。

なので、こんなのもあるよという情報をあげてみました。

しかし、全部あげていたらきりがないので10選としました。ぜひご参考ください。

 

【母恵夢】


 

母恵夢と書いてぽえむと呼ぶお菓子です。

外側のビスケット生地に、中に柔らかな白餡。表面の穴はムラなく焼いて味をひきたてる為に工夫されたものだそうです。

和菓子の味わいと、洋菓子の風味を調和させたものです。季節のバリエーション等も含め販売されています。

【つるの子】

 

卵みたいな見た目に、ふわふわの手触りと食感。中にはとろりとカスタードクリームが包まれています。

総じて食べた人からの評判もよく、上品な味わいで手がとまらないとのことで美味しすぎて評判です。

そんな味を一度はご賞味ください。

【霧の森大福】

 

なんと、なかなか買えないレベルの人気を誇る大福です。ほぼ連日売り切れ続出とか。

深みのある餅の部分の抹茶の風味と、クリームを中央に詰められた餡。これが絶妙な割合で旨味をひきたて、抜群の人気があります。

……のですが、お店は即完売。通販でもなかなか入手できないとのことで、幻の銘菓となってしまっています。

買えたらラッキーくらいの気持ちじゃないと悔しい思いをすることになるのではないでしょうか。

【道後夢菓子噺】


 

 

道後夢菓子噺と書いて、どうごむかしばなしと呼ぶお菓子です。難しい漢字が並びますね。

白い方が『白鷺』をイメージしたお菓子で、緑茶風味。ピンクが『椿』をイメージした柚子風味のお饅頭です。

やはりこういった形の整ったお菓子は芸術みたいで、見ていて楽しいですよね。お洒落なお茶の場で出すといいのかもしれませんね。

 

【媛の手織りパイ】


 

サクサクと食べられる王道のパイです。甘すぎず、香ばしくと普通に市販されているパイに比べたら味は上なのは間違いありません。

それもそのはず、職人が一枚一枚丁寧に手織りを重ねて焼いたのですから美味になります。

パイが好きな人は、ぜひ一度食べてみてください。

【鶏卵饅頭】

 

実は愛媛の土産といっても、全国に複数同名の饅頭が販売されており、愛媛県のは一笑堂さんが作っているお菓子です。

饅頭といっても、2cm程度のサイズで一個がとても小さなものです。そして、卵で練った生地の中に餡がしっかりと入っていて素朴で飽きない味です。

そんな小ぶりサイズでほのかに卵の風味がするこの饅頭、美味しくて見かけたら買うという人が多いみたいですね。

【坊っちゃん列車サブレ】


 

 

ちょっとした鉄道好きは必見かもしれません。伊予鉄道の坊っちゃん列車(蒸気機関車)を描いたサブレです。

サブレらしくサクサクで、美味しいお土産菓子です。職場のお土産用にいいのではないでしょうか。

【媛の月】

https://twitter.com/true7723/status/1230681162835607553

 

生地の中にこし餡とカスタードクリームが入った、ちょっと大きめのおまんじゅうです。

甘さ控えめで、どちらかというと洋菓子に近いので紅茶、コーヒーと一緒にお愉しみください。

職場のお土産とかには最適です。

【愛媛 ちゅうちゅうゼリー】

 

 

可愛いパッケージのこれは、愛媛土産で人気のゼリーです。

愛媛でとれる柑橘系の果実をゼリーにして、ちゅうちゅう吸えるゼリーです。濃厚でいて、ぐいぐいいけちゃう美味しさで評判になっています。

愛媛に行ったらとりあえずこれを買って飲む、という人がいるくらいですよ。

 

【神島まんじゅう】

 

 

大三島の村上井盛堂さんで販売されているおまんじゅうです。

最初にかぶりつくカステラ生地はみかんの花の蜂蜜を混ぜてあり、すっきりとした味わいを感じます。そしてその中には、しっとりまろやかな白餡が入れられていて、ただ一言「美味い」となります。

観光の際に多くの人がお土産として買っていくのだとか。

 

Sponsored Link


まとめ

以上、愛媛のお土産銘菓の鉄板5選とその他10選で15種類をご紹介させていただきました。

昔からの老舗が出しているような銘菓が多い気がしますね。場所柄からの雰囲気で、やはり洋菓子よりも和菓子の方が多くなるのでしょうか。

しかし、随分と評価の高いものばかりで驚きます。愛媛に行く機会があったらぜひ、食べてみたいものがいっぱいありますね。

本ブログを愛媛に観光に行った時のお土産の参考のひとつとしていただけるのでしたら幸いです。