現実の距離感が心の距離感!恋愛で好意を持ってるかは近さで決まる!

他人が近くによってくると、自然と警戒をして距離をとってしまいます。

一方で恋人が近くに寄ればもっと近くにいて欲しいと思うようになるのが普通でしょう。人の感情って不思議ですね。

そんな男女の距離感について今回はお話をしていこうと思います。

本記事が参考になれば幸いです。

 

                                               

意外とリモート婚活はハードルが低く彼氏、彼女が作りやすい!!

通常の婚活パーティーは集団でやる為、かなり隣の声がうるさくて会話に集中できません。

しかし、自宅でリモートで参加する婚活パーティーは一対一になれます!

静かに落ち着いて相手と話すことでお互いを知りやすく、親密度もアップ!!

月額2,980~で可能なリモート婚活


                                               

人は誰しも自分のパーソナルスペースを持っている!

夕焼けのカップル

誰しも、突然知らない人間に距離を詰められて近寄られると不快感を感じますよね。

個人差はあれど、誰もがもっているのがパーソナルスペースというものです。

つまり、人が他人を警戒しないで済む距離といっていいでしょう。

これは無意識的にも働くもので、たとえば道端で歩いていたとしてもさして多くない人通りであれば自然と3m近くは他人との距離をおいて歩くのが一般的かと思います。

この距離は自分が警戒せずに安心できる他人との距離感となります。

あくまでこれは赤の他人との距離の話で、親密度や関係性によってこの距離は意識的にしろ、無意識的にしろ変わってくるものです。

そうですね、立ち話を想像してみてください。友人であれば大抵一歩分の50cm~1m程度の距離で会話をするのが普通ではないでしょうか。内緒話でもない限り、密着して会話なんて基本的にしないでしょう。

ビジネスの商談相手であれば、1~2m程度が適切な距離で、互いに身を入れてかつ、警戒心をもたせない距離感かなと思います。

一方で、家族や恋人はほぼゼロ距離で近づいたとしても不快に思うことは少ないでしょう。それだけ信頼している相手ということですね。

さて、誰しもがもっているこのパーソナルスペースですが、侵害されると防衛本能が働くので不快感が出るものですが、実は相手が同性の場合、心理的に男女差があるんです。

男性に、他人の男性がパーソナルスペース内に入るとイライラして攻撃的になる傾向があります。

逆に女性に、他人の女性が近づいてくると男性とは逆に警戒心を緩めて親しくなりやすいという傾向があるんです。

もちろん、これも人によりけりということろがあるでしょうが、女性同士って仲良くなるのが早かったり、女性同士での距離ってやけに近いことが多いので納得はいくのかなと思います。

ただし、あくまでこれは同性同士の話。

異性であれば、まったく話は変わってくるものなのです。

 

Sponsored Link

 

現実の距離感が心の距離感

仲のいい男女

さて、最初にパーソナルスペースの話をしてきましたが、満員電車などではどうしても他人との距離感が近く自身のパーソナルスペースに侵入されるのでそうでなくても窮屈で嫌なのに、精神的にもイヤという人がほとんどかと思います。

女性は女性同士で距離が近くなると親しくなりやすいという心理を持っているとお伝えしましたが、満員電車では男女が入り乱れているので双方ともに不快感が増して距離を取りたくても取れない状態が続き、イライラしてしまいます。

そう、女性は相手が異性であると距離を広げる傾向があるのです。

もちろん、男性も特別親しくない女性とは距離を離すのが普通です。

たとえば、食事中の女性の隣に男性が座ろうとした場合、先に座っていた女性は自然と席を移動させてスペースを広げますよね。逆だった場合でもそうですが、この離した距離で相手との関係性が推し量れます。

すなわち、隣にいても問題ないと思っている相手であればさして広げないし、近寄られたくない相手には大きく広げるという動作が無意識に行われます。

これこそがまさに、心の距離感が現実の距離感にも表れている結果といえるでしょう。

もしそれが好きな女性、あるいは男性が相手だったとしたら、恋愛において現在の関係性をその距離で判断でき、脈があるかないかがわかります。

 

Sponsored Link

 

心を開けば、自然と近付き触れることも許される

男女の喧嘩

さて、ここまでパーソナルスペースは心の距離と現実の距離が同じという形でお伝えしてきました。

が、世の中にはそんなものを無視して、無遠慮に他人のパーソナルスペースにずけずけと入ってきて、手を握ってきたり肩を抱いたりしてくる人(特に男性)がいますが、これは最悪です。

下記の記事でもお伝えしましたが、親しくない他人が触れるのは絶対にNGです。

 

関連記事

日常生活で誰か異性に触れることが多かったりするでしょうか? 恋人や仕事でもない限り、なかなか手に触れるどころか、他人の服の上からですらおそらくなかなか異性に触れるようなことはないのが一般的かと思います。 迂闊にボディタッチをしよ[…]

恋愛・婚活

 

自分は押しが強いとか、肉食系とか思っているかもしれませんが、少なくても相手のことを考えない礼儀知らずの人間であろうことは容易にうかがえます。

「近寄るな!!」

と言いたくなる人はいわゆる『距離なしさん』で、大抵が男女ともに図々しいタイプが多いでしょう。

とはいっても、男性は内心で女性からのボディタッチや近い距離に入ってきてくれることを「自分は異性から近づいていいと認められた!」と感じる心理が働く人も多いので一概に悪いとはいえません。

特に最近増えている草食系男子は女性から近づいてきてくれるのを待っているのでいいかもしれませんね。

 

関連記事

草食系男子、肉食系女子という言葉ができてから久しく、年月が進むにつれてさらに草食系男子が増えていて、肉食系女子も増えているという傾向にあるかと思います。 ゆえに、草食系男子は彼女いない歴イコール年齢という人も多く、いわゆる童貞率という[…]

恋愛・婚活

 

一方で、女性は男性の距離なしさんには通常、嫌悪感をもつものです。

少なくても、異性に関しては女性は自分が心を許した相手以外から触れられるのを嫌がる傾向にあります。

すなわち、無理やり距離を縮めようとすると逆効果という結果になるのが普通です。

そりゃあそうですよね、いくら強引に引っ張っていってもらいたいという願望がある女性だとしても、いきなりよく知りもしない男性から強引に迫られても怖いだけです。

一般的に女性が触れていいと思う異性の相手は心を開いた人。つまり、かなり仲のいい異性の友人かそれ以上の関係にある人に限ります。

男性が女性を落としたいと思うのであれば、じっくりと時間をかけて心を開き、現実も心も立ち位置となる距離を縮めていく必要があるでしょう。

 

関連記事

相手に何でも話をできる仲。男女の在り方としては理想となる恋人関係ですね。 ですが、どんなに他人からみても仲がいいと評されるカップルでも、最初からそうだったわけではありません。 当たり前ですね、他人同士から始まり何かのきっかけで出[…]

恋愛・婚活

 

Sponsored Link

まとめ

さて、心の距離は現実の距離ということでまとめてみました。

誰しもが、極力赤の他人に近寄られたくないと思うのは当然で、その一方で親しい人や親しくなりたい人とは距離を縮めたいという感情も当然です。

異性同士で近づいてもいい、触れてもいいという相手は心を許し、少なくても一緒にいて不快感のない相手に限るということでしょうね。

本記事が何らかの参考になるのでしたら幸いです。

 

Sponsored Link