【節約】クレジットカードの上手な使い方はコレ!基本は一回払い!リボはNG

かつては何となく持っているだけでも怖いというイメージのあったクレジットカードですが、最近ではほとんどの人が所持するようになりました。

おそらく、怖いというイメージがあったのは利率がついたり『借金』を持つイメージから、なかなか持つことができなかったのでしょう。

しかし、ネット通販を利用する人が増えてきたことや、キャッシュレスで手軽に使用できることから普段の買物でも利用する人が多くなってきましたが、カードを使う人。そして、カードに使われる人の二極化する結果となってしまっています。

すなわち、クレジットカードを上手に使える人は、お金が貯まる節約できる人。カードに使われる人はお金が貯まらない人です。

今回は、そんなクレジットカードの上手な使い方について話をしていきたいと思います。

本記事が参考になれば幸いです。

                                               

支払ばかりで、あちこちでお金が出て行くから貯まらない!

最近は不思議なくらい金運に恵まれていない!

お金が出るときは、なぜか支払いばかりで余計なお金ばかりが飛んでいってしまいますよね。

そんなあなたは、金運低下中。金運を呼び込むために金運上昇のお財布を試してみませんか?



                                               

 

Sponsored Link

 

クレジットカードの利点3つ

マスターカードとお金

それではまず、クレジットカードでの支払いの利点について3つのポイントをあげていきましょう。

下記の点を上手に使える人は、無駄なくクレジットカードを利用できているといえるかと思います。

 

・明細でお金の管理

クレジットカードで支払ったものは、web明細あるいは紙の明細が発行されるので何にどれだけお金を使ったのかが一目でわかります。

つまり、家計簿が自動的につけられていくのと同じということですね。

リアルタイムとはいわないまでも、使用した分は数日から一週間前までに利用した明細は随時web明細では更新されているので、

「今月使いすぎたかな、後はできるだけ使わないようにしよう」

とか、

「今月は随分と買物しないでおさえられた!」

といったように定期的に意識して見ることで、支出額がわかりお金の管理がしやすいのです。

 

・ポイントが貯まる

クレジットカードを使用して購入した金額の一定の割合がポイントとして還元されるのがクレジットカードです。

還元されたポイントは毎月の支払額から値引きをしたり、現金と同じように通販やお店で使えるものなどさまざまな用途で使用できます。

つまり、普通に現金で買い物をするよりもポイントがつく分だけお得ということになります。

どのサービスを目的にクレジットカードを作るのかは人それぞれですが、基本的に普段使いは1枚。あっても二枚程度にすると集約されてポイントが貯まりやすくなります。

 

・現金を用意する必要がなく支払いがスムーズ

クレジットカード払いとなると、わざわざ財布の中から現金を取り出さなくてもスムーズに支払いが完了できますし、実店舗に行かなくてもネット通販などで手軽に買物をすることができます。

つまり、そもそも現金をもつ必要がなく買物ができるのがクレジットカードの最たるものでしょう。

まさにキャッシュレスという点がカード払いのメリットになるのですね。

 

Sponsored Link

 

クレジットカードの悪いところ

これはダメですNO

クレジットカードの利点についてあげてきましたが、その一方でやはりデメリットや注意点があるのがクレジットカードというものです。

続いては、カード払いの悪いところを3つあげていきましょう。

 

・お金がなくても買えてしまうところ

クレジットカードは後払いですので、たとえお金がなくても購入ができてしまいます。

つまり、所持金が不足していたら普段なら絶対買わない(買えない)ものでも買えてしまうので、完全に赤字となっていてもカード払いでごまかしてしまうので、後々で支払いに苦労することもあります。

カードの限度額をちゃんと低い数字で設定しておかないと、大変なことになってしまうかもしれません。

 

・リボ払いは罠!分割払いは2回まで!

クレジットカードは基本的に、お金を前借しているだけの借金であると思っておいた方がいいでしょう。

つまり、分割で支払いをすると無駄な金利がかかり損をするので、節約や賢い利用方法から遠ざかってしまいます。

特にリボ払いは、

「毎月の支払額の上限が〇〇円で済みます」

といった、うたい文句で何となく毎月の支払いが抑えられると思わせていますが、とんでもありません。

リボ払いは強制的に分割払いにさせて、高い金利がかかるだけの消費者にとって大損システムです。といって差し支えないでしょう。

ちなみに、分割払いは2回までなら原則的に金利はかかりませんが、3回目以降は金利が乗っかってきます。

無駄なお金を払うようなことをしたくなければ、分割払いのシステムは使わないに越したことはありません。

 

・手軽過ぎて支払いのハードルが下がる

下記の関連記事でもお伝えしましたが、クレジットカードはお金を使っている感がとても薄く、うっかり買物をしすぎてしまう傾向の人が多いです。

 

関連記事

何だかわからないけど、お金が貯まらない。いつの間にか現金がなくなっている。 そんなことがありませんか?もし、そのようなことを感じるのであれば財布の中身の使い方が貯蓄向けの使い方ではないのかもしれません。 おそらく、気が付かないう[…]

節約・お金を貯める

 

簡単にホイホイと使ってしまう為、気が付いて明細をみたら支払いが膨らみ過ぎて大変なことになってしまったということも。

現金で基本支払いをしていると、

「今月はあとこれしかない。節約しないと!」

と無駄遣いをするハードルが上がる為に、自然と財布の紐が硬くなります。

一方で、クレジットカードはその場では残りがいくらとかわかりませんし、お金を使っている感が薄いのでうっかりと無駄遣いをしてしまいがちです。

現金と同じ使い方ができる分、意識をしないと節約どころの話ではありません。

 

Sponsored Link

 

上手な使い方は原則一回払い!うまく使えなければデビットカードが無難

クレジットカード

さて、クレジットカードのメリットとデメリットをあげてみましたが、総合して上手な使い方をできる人は、

  • 原則一回払い
  • 現金と同じように利用してポイントを稼ぐ
  • 明細をしっかり見て管理
  • 毎月の限度額を決める

といった人でしょう。こういう人は上手にクレジットカードを利用できるので、結果的に節約やお得な利用方法としてカード払いを使える人ではないかと思います。

一方で、無理に分割払いをしたり、所持金がないのに問題を先送りにしてカード払いをして買物をしてしまうような人はそもそもクレジットカードを持つべき人ではないのかもしれません。

キャッシュレスで便利ではありますが、ここでも堅実な人と浪費家の人で分かれてしまいます。

お金の管理ができない浪費家の自覚があるのであれば、クレジットカードを普段使いするのはやめた方が無難です。

もし、持つのだとしたらデビットカードがオススメとなります。

というのも、デビットカードはクレジットカードの後払いシステムと違って、リアルタイムに自身の口座から引き落としがされるシステムとなっています。

つまり、引き落とし口座以上のお金を使うことは原則できませんので、ストッパーとなりえる支払方法となります。

もしお金を貯めたいと思っているのであれば、カードの利用方法を一度よく考えて使った方がいいのではないかと思います。

 

Sponsored Link

 

まとめ

さて、上手なクレジットカードの使い方についてまとめてみました。

何も考えずに分割やリボ払い、手軽だからとカードを乱用している人がいますが、それではお金はなかなか貯まらないどころか支出で大変なことになってしまうおそれがあります。

まさに上手に使えれば薬となり、下手に使うと毒ともなるのがクレジットカードですので、利用は計画的にしましょう。

本記事が参考になれば幸いです。

 

Sponsored Link