女性からのメールはすぐ返せ!男性からの返信は期待するな!男女のメールの価値観

いまやほとんどの人が利用し、使いこなしているメール機能。携帯電話のアプリを使えばどこからでもお手軽に文書での会話のやりとりをすることが可能です。

あまり良いとは言えませんが、歩きながらメールをしている人をよく見かけます。

しかしこれ、恋愛において男女でメールに対する考え方、価値観がまったく違うことで喧嘩に発展する可能性があることをご存じでしょうか?

逆に男性から女性に対してではありますが、うまく利用すれば相手との親密度もグッと高まるでしょう。

今回は、そんなメールの男女の考え方の差についてお話をしていこうと思います。

本記事が参考になれば幸いです。

 

ちょっとここだけ

恋人へのプレゼントに迷うことはありませんでしょうか?

直接尋ねても「何でもいいよ」と言われるのが一番困りますし、やはり何か特別なこともしたいもの。

そんなあなたに、オーダーメイドの時計はいかがでしょうか?

印象的な風景や二人の心に大事な思い出を時を刻む時計にしてプレゼント!!

それがプレゼントとして重いと感じるのであれば、彼氏・彼女の大事に飼っているペットの写真などを入れてデザインすると喜ばれるかもしれません。

1万円もかからないくらいの比較的安価な金額で製作できますので、ご興味があれば参考までにご覧ください。

 

自分だけの時計をデザインできる

 

メールの返信率が悪いと女性は不安になる!逆に男性は返信がなくても平気!

パソコン前でメール
さて、少し前の日本ならともかく、パソコンが広く持つようになり、携帯電話からスマートフォンになった昨今でメールという機能を使わないという人は少なくても現役世代ではほとんどいないでしょう。

友人同士のお手軽な連絡媒体から、ビジネスの場に到るまでもはや大小程度はあれ、コミュニケーションツールとしてはなくてはならない存在となっています。

勿論、恋人同士や親しい異性とも電話のみならず、文書で毎日色んなやり取りをしているという人も多いでしょう。

しかし、個人差はあれどこのメールにおいて男性には男性特有の。女性には女性特有の価値観があることを特に恋人がいる人や、これから恋人になりたい人とやり取りをするのなら知っておいた方がいいかと思います。

そうですね、結論から言ってしまうと、

 

女性はメールを会話手段として利用している

男性はメールを連絡手段として利用している

 

というのが、一般的な男性と女性の心理なのです。

先にお伝えしたように、個人差はありますので女性でもメールが得意じゃない人もいれば、男性でも言葉よりもメールを続けたいという人もいるので、相手のタイプを見極めることが重要です。

が、多くの場合はここの男女の違いに相当し、頭の構造からもそうなっているものです。つまり、これが合致しないと喧嘩や相手への不安の原因になってしまうのですね。

女性は相手との会話としてメールを使い、楽しんでいるので相手から返信がなければ『嫌われた?』とか『どうして返信してくれないの?』と不安になってしまいます。

一方で男性は、あくまで連絡手段のツールとしてメールを使うものと考える傾向にあるので、必要事項だけ短く書いて送り、別に返信がなくても構わないというスタイルでいることが多いのです。

現実にあてこんでみると、好きな人を相手に他愛のない会話をしようと色々と彼に話す彼女と、別に大した会話じゃないからと無視するか簡単な返事だけする彼氏といったところでしょうか。

どうみてもこの恋人関係、先が続くとはあまり想像はしにくいですよね。

そう、相手のメールの使い方を許容できないとそのメールひとつでも男女の信頼関係というのは時には溝ができてしまうものなのです。

それを回避する為にも、今後の男女関係の為にも相手に合わせるのが異性との付き合い方で有効な手段となるでしょう。

例えば、男性であれば女性のメールを気付いた時に極力何でもいいから返信することを心がけたり、女性は男性からのメール返信がなかなかこないことを気にしないなど、相手のメールのやりとりの仕方に合わせるよう意識するとうまくいきやすくなります。

逆に、興味のある異性を相手に自分本位に返信がこないからと送り過ぎたり、あまり意味を感じない他愛のないメールでもせっかく送ってきてくれるものを無視し続けるようなことがないようにしたいものですね。

 

Sponsored Link

 

男女で違う!メールを送るときの内容の傾向について

電子端末

さて、女性は会話と同じようにメールを送るのとは逆に男性は連絡手段として使うものとしてメール機能を使っているといい、合わせる方がいいとしてきましたが、そもそも男女でどのようなメールの書き方の傾向があるのでしょうか。

普段何気なく使っているメールですが、よくよく見ていると傾向が男女で違ってくるので、相手のペースに合わせることを意識するのでしたら、この辺りも合わせてあげるといいかもしれません。

・男性の場合

男性はメールを要件を伝えるだけのツールだという考え方を一般的に持っています。

つまり『いまどこにいる?』などといった用件だけを端的に伝える為、特別深刻な話をメールでしようとは思っていない傾向にあります。

むしろ、わざわざ電話をしなくていいくらいの感覚で利用しているのでさして内容のないメールが送られてきても返信する必要はないと考えがちです。

あまり長々とメールを続けるよりも、会って話した方がいいと思ってしまうのでしょうね。

・女性の場合

女性はメールを電話の延長線上にある会話ツールとしている考え方を一般的に持っています。

女性同士だと何気なく、とりとめのない会話が続いたり、重要なやりとりもメールで行うようなことが多くあります。

いまやメッセージが来ることが誰かと繋がっているという、心を満たす手段の一つとして無意識のうちにメール依存症になってしまっている女性もいたりします。

ということは、送ったメールに返信がないのは不安要素にしかならずストレスになってしまうことも。

このことから男性同士ならともかく、男女ともなるとマメにメールをする男性の方が好かれる傾向にあるといえるかもしれませんね。

 

Sponsored Link

 

まとめ

さて、男女のメールの価値観についてまとめてみました。

ほとんど正反対の使い方をする男性と女性のメールですが、そもそものメールに対しての考え方が違うので仲良くなりたいのなら相手に合わす、あるいは寛容だったりマメな姿勢が重要なのでしょう。

人によって付き合い方は違いますが、一般的には男女でこのような傾向がありますので相手に合わせる努力をすることで、その親密度も違ってくることもあるでしょう。

本記事が何らかの参考になるのでしたら幸いです。

 

Sponsored Link