ダイエット中に太る食事の時間帯とかあるの?遅い夕飯は太る!

辛く厳しいダイエット。痩せる為には誰しも苦しい思いは必ずすることでしょう。

断食、糖質オフ、運動などなど数あるダイエットがありますが、どんなに甘いダイエットでも規則正しい生活をして、食べ過ぎず腹八分にするなど最低限のことは意識するかと思います。

しかし、意外と知られていないのが『食事の時間帯』です。

人間の身体の一日のサイクルは摂取した食べ物を脂肪に変える働きの強い時間帯と、弱い時間帯の繰り返しです。

今回は、ダイエット中の人が意識する食べる時間についてお話をしていこうと思います。

本記事が参考になれば幸いです。

 

ちょっとここだけ

10代の頃はいくら食べても太らなかったのに年齢と共に太りやすくなってきたと思いませんか?

それは基礎代謝が年々落ちていっているからです。

基礎代謝が上がれば毎日の基礎消費カロリー量も増える!

どんなダイエットでもこれは原則で、さぼっていても寝ていても消費されるのが基礎代謝。

そんなあなたに基礎代謝の『活性化』を促す醗酵黒豆はいかがでしょうか。

黒豆は健康成分も豊富に含有しているので、血糖値や血圧の上昇にも効果的です。

 

代謝アップで脂肪を燃やす!

「醗酵黒豆」

 

 

 

夜10時以降は間の時間帯!

満月の画像

人間の身体には、体内時計というものがあります。このことを「時計遺伝子」というのですが、その中には『BMAL1(びーまるわん)』という物質があります。

これがどのような物質かというと、脂肪の合成を促して蓄積するものなのです。

そして、このBMAL1は時間帯によって変わることがわかっています。

つまり、多い時間帯は太る。少ない時間帯は太りにくい。そういうことになります。

さて、この一番多い時間帯というのは夜22時~深夜2時の4時間がもっとも増える時間帯。つまり、ダイエット中の人にとっては「魔の時間帯」といえる時間なのです。

一日の総摂取カロリーを基礎代謝以下にすれば痩せる!

という大雑把なダイエット方法もありますし、確かにその通りではあるのですが、脂肪が蓄積しやすい時間帯に食事をすることは避けるべきなのです。

特にこの魔の時間からもわかるように、寝る前の食事……ましてや、夜食なんて論外です。

本来であれば、食べた後に消費されるエネルギーが消費されずに寝てしまうことで体内にこもり、蓄積するということは容易に想像できるでしょう。

そういった意味では、夕飯抜きダイエットは蓄積する時間を作らない分、かなりきついながらもダイエットの方式としては有効なのかなと思います。

 

関連記事

突然ですが、実は管理人は15kgのダイエットに成功しました。ストイックにダイエットに打ち込んで約9ヶ月で72kgから最大54.8kgまで落とすことができたのです。それから約一年。2kg戻ったものの、完全にリバウンドはまだ抑えている状[…]

ダイエット関連

 

しかし、この夜10時から深夜2時までの時間帯というものですが「成長ホルモン」が一番分泌される時間帯と一緒だと思いませんか?

成長ホルモンはその名の通り、子供にとっては体の成長を促して体を大人の身体へと形成していくもので、大人になってからも代謝や体・筋肉の回復などを促進させる為の物質です。

成長ホルモンと、このBMAL1の増える時間が同じというのはおそらく偶然ではなく、人間にとっては摂取した栄養を体にもっとも働きかける時間帯といって差し支えはないのかと思います。

 

Sponsored Link

 

具体的にどの時間帯が駄目で、どの時間帯ならいいの?

女性のフィットネス

さて、では夜の10時から深夜2時までが太りやすい魔の時間帯であることはわかった。逆に太りにくい時間帯があるんじゃないかと思った人は察しのいい人ではないでしょうか。

そう、実は太りやすい時間帯とは逆に太りにくいゴールデンタイムも存在するのです。

それが、午後2時から4時の間です。つまり、おやつの時間帯ですね。

もちろん食べ過ぎるようなことは厳禁ですが、この時間帯が一番BMAL1が減少する時間となり、14~16時に摂取した栄養は脂肪になりにくいといえるでしょう。

いってみれば、この時間を過ぎたらまた上昇していき、夜中の2時にピークを迎えます。そこからまた減少していくのですが、時間と共に徐々に減少していくので夜中はずっと太りやすい時間帯になります。

ということは、この夜中という時間帯にポテトチップスなど油っこいものを食べてしまうと確実に太る要因となってしまうということですね。

そう考えると、朝ガッツリ食べて、昼はそこそこ。夜は食べないという夕飯抜きダイエットや、夕食は小食で済ますという食生活の方が痩せやすいというのは理にかなっているといえるでしょう。

このBMAL1ですが、18時を過ぎると一気に上昇していってしまいますので、遅い食事であれば遅いほど脂肪蓄積という意味では時間と共に悪条件になってしまいますので、夕食を摂るなら早めを心がけた方がいいのかと思います。

 

Sponsored Link

 

断れない飲み会がーッ!やっぱ遅い時間は太るよね?

二つ並んだワイン

社会人であれば、嫌でも断れない飲み会というのはあるでしょう。

お酒の好き嫌い、人間関係の好き嫌い、他にも時間外に会社の人間に縛られるのが嫌!という人は多いかと思いますが、よほどの覚悟を決めないと断り辛いのが飲み会であり、飲みニケーションかと思います。

そして、大抵が夜時間……そうですね、20時から24時くらいまでということが多いのではないでしょうか。

まあ、見事に魔の時間帯に入ってしまっていてダイエット中の人にとっては大迷惑といってもいいかもしれません。

アルコールはカロリーが高く、かつ一緒に食べるおつまみもお菓子や油物が多くまさに飲み会は太るという要素が満載です。

そんなことを関係なくお酒で鬱憤を晴らそうとしたり、無理やり付き合わせる人は完全にダイエットの敵という存在ですが、人付き合いということで断り辛いのもまた事実。

せめて、太りづらい飲み方をするしかありません。

「えっ?そんな飲み方あるの?」

と思った人もいるかもしれませんが、あるんです。

まずは心構えとして、最初の30分はちびちび飲むようにしましょう。

最初にガーッと飲む人は多いですが、実はそれですと30分後に一気に酔いがまわってきます。

一般的に人の酔いがまわるのは飲み始めて30分くらいしてからとされています。酔いが回ると身体は脱水状態になり、さらにお酒を飲みたくなったり、食欲を満たす為におつまみをつまんでしまうようになってしまいます。

当然ながら飲み過ぎ、過食になりやすくなります。まあ、太りますよね。

それを制限する為に、最初の30分は少量で適度に酔うくらいでちょうどいいのです。

そして、

  • お酒はハイボール
  • おつまみは枝豆

この2点が重要です。

なぜなら、ハイボールは糖質のない低カロリーのお酒で枝豆に含まれるビタミンB1は糖分を分解。そしてビタミンB2は脂肪燃焼効果があり、さらにはアルコールの代謝を促す効果があるんです。

飲み会の定番、唐揚げやピザ、フライドポテトなどは糖質や脂肪の塊のようなものですので極力避けた方が無難です。

 

関連記事

お惣菜屋から、一般家庭での揚げ物、飲み屋やお祭りなど様々なところで売られている唐揚げという商品。あまり嫌いという人はいないと思いますし、安くて美味しい人気の揚げ物の一つではないでしょうか。その唐揚げ、しばしばレモンをつける・[…]

食品

 

ダイエット中は飲み会に参加しないというのが一番いいでしょうが、全てにおいてそういうわけにはいかないのが社会人の辛いところですよね。

 

he_ad id=”602″]


まとめ

さて、太りやすい時間帯についてまとめてみました。

ダイエットの鉄則としては、余計なカロリーを摂らない事でしょうが寝る前に食事をしないといった食事の時間帯も気にした方がいいのかなと思います。

毎日のカロリー制限や、運動も大事ですがこういった科学的にわかっていることも取り入れてスッキリと痩せたいものですね。

本記事が参考になれば幸いです。