宮崎土産の銘菓まとめ!宮崎の美味しい銘菓を紹介

日本神話発祥の地である宮崎県。神話や伝説が数多く残されています。

自然も豊かで、宮崎牛など観光するのに楽しく、そして美味しい思いでができる県です。

では、そんな宮崎はどんな銘菓があるのでしょうか?知っているようで知らない宮崎県の銘菓をお伝えします。

※本記事の画像はJTBショッピングサイト 他ツイッター等引用

Amazonや楽天等で販売されているものは転売等もあり、購入したはいいけど賞味期限が切れていたりトラブルが多いそうなので注意が必要です。マージンも取られるので実は地味に高いです。

生菓子等の賞味期限が短いものを通販で購入されるのでしたらトラベルショップか直接オンラインショップでの取り寄せの方が安全だと思います。

他、九州・沖縄地方のリンクは下記です

 ・沖縄土産の銘菓まとめ!沖縄の美味しい銘菓を紹介

 ・鹿児島土産の銘菓まとめ!鹿児島の美味しい銘菓を紹介

 ・熊本土産の銘菓まとめ!熊本の美味しい銘菓を紹介

 ・大分土産の銘菓まとめ!大分の美味しい銘菓を紹介

 佐賀土産の銘菓まとめ!佐賀の美味しい銘菓を紹介


 

Sponsored Link

宮崎土産の鉄板銘菓5選

宮崎牛やチキン南蛮、それにマンゴーなどが有名な宮崎県ですが、どのようなお土産やお菓子があるか知っていますか?

ホテルや旅館で美味しいものを堪能して帰りにはお土産を買いますよね。それでは宮崎銘菓はどのようなものがあるか見てみましょう。

まずは、宮崎の銘菓5選をご紹介致します。いろんなサイトでも挙げられていたり、総合的に定番となりえる銘菓を集めてみました

 

【チーズ饅頭】




チーズ好きにはたまらない宮崎定番の銘菓、チーズ饅頭です。

サクッとした生地にクリームチーズの入った洋風のお饅頭ですね。宮崎のご当地スイーツであり、お店ごとに生地の硬さや味が違ってくるそうです。

ぜひ、宮崎観光に行った際にはいくつか食べ比べていただきたいと思います。

 

【なんじゃこら大福】

 

宮崎の名物銘菓であるなんじゃこら大福ですが、大きめの大福です。

まさに食べると「なんじゃこら!」と叫びたくなります。なぜなら、中には餡とともに苺・栗・クリームチーズが詰められているのですから、初見ではうっかり叫んでしまいます。

しかし、これがイイ!という人はよく購入して食べているそうです。

驚かせたい相手にお土産として買って帰ると面白いかもしれませんね。

 

【焼酎プリン】

 

 

ちょびっと大人の味わいで、麦焼酎を使用しています。味わい・香り共にしっかり麦焼酎がプリンの中に入っていて上品でいて高級感を感じさせます。

ただし、がっつり焼酎が入っているようなのでお酒に弱い人や焼酎が苦手な人は遠慮した方がいいかもしれませんね。

 

【宮崎マンゴーランドシャ】

https://twitter.com/inokichi130/status/1205810303880982529

 

宮崎のマンゴーを使ってほのかなマンゴーの香りただよう、口溶けよく軽いサクサク感で食べやすいランドシャです。

紅茶と共に優雅に楽しむのがいいのではないでしょうか。枚数もあるので配布用にもちょうどいいですね。

 

 

 

【青島せんべい】

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

cosugekeiko(@cosugekeiko)がシェアした投稿


空港に行ったらこれを買っておけば間違いない、といわれるほどのドが付く定番のお土産です。

せんべいと言いながらも、薄焼きのせんべいに挟まれたのはナッツとバニラの2種類のクリームが入ったもの。これ、半分以上ゴーフレットじゃないかな?

ナッツとバニラのセットは基本のもので他にもフルーティーと書かれた別種類の味のものが販売されています。

職場配布用とかに買うといいかもしれませんね。




好みとセンスで選ぼう!宮崎銘菓10選

鉄板5選としましたが、宮崎県の銘菓はもちろん、これだけではありません。定番は一度目ですでに食べてしまった、という人もいらっしゃるでしょう。だから他にどんな種類があるの、と思う方もいるでしょう。

なので、他にもどんなものがあるのかご紹介していこうと思います。

しかし、宮崎の銘菓を全部あげたらきりがないので10選としています。ご参考ください。

 

【鯨ようかん】

 

江戸の頃から愛される、もちもちした食感の求肥を餡で挟んで鯨の形に似せて蒸しあげた羊羹です。

賞味期限が非常に短く、宮崎県の地元でしか買えないうえに地元民でも実はなかなか変えないという幻のお菓子という位置づけにいます。

そういわれると、一度食べてみたくなりますよね。宮崎に行った際にはぜひ入手してご賞味ください。

【青島ういろう】

 

 

こちらも賞味期限が短く、宮崎県でしか買えないういろうです。

もっちり感が特徴で、甘さも控えめでどこか懐かしい味を感じることができます。

ういろうは別地域でもお土産品として出されていますが、宮崎県ご当地の味ということで人気があるようです。

【宮崎マンゴーシフォンケーキ】




どことなく、南国の香りがするシフォンケーキです。

マンゴーピューレがほどよい甘さで、しっかりと風味が生かされていて口当たりもよく美味しいです。

コーヒーや紅茶などと一緒に食べるとよく合うかもしれません。

【長饅頭】

 

またも日持ちしないご当地銘菓。名前と見たまま長く、ちくわのようなお饅頭です。

これもまた、幻の銘菓と呼ばれています。なぜなら賞味期限が当日中なうえに、午前中で売り切れてしまうからです。

噛むと柔らかく、ぶちゅっと出てくる餡は甘さ控えめでとても美味しいお菓子なんです。

全国的には無名ながらも、地元ではなかなか買えない人気商品なので、食べてみたければ午前中の早いうちに売り切れる前に買ってしまいましょう。

 

【宮崎塩キャラメルナッツクッキー】




宮崎の日向灘の『滿潮の塩』を使った名称そのままナッツとキャラメルを加えたクッキーです。

サクサクな食感にキャラメルの香ばしさがとても美味しく感じます。空港等でも販売されています。

職場配布用等にいいかもしれませんね。

【からいも団子】

 

名前のからいもとは、さつま芋の別名のことです。

からいもを蒸かし、餅と混ぜてさつま芋餅にし、粒餡をたっぷり入れてさらにきなこをまぶした素朴ながらも美味しい団子です。

宮崎の郷土菓子として、人気のもので空港などでも買えます。が、賞味期限は短いので早めにお食べください。

 

【ぽてっち~】

 

さつま芋のスイートポテトにクリームチーズが入った生地はしっとり、中は甘いクリームチーズというちょっとお洒落で胃にもやさしいお菓子です。

名前の可愛さと、美味しさに人気上昇中で一度購入してまた宮崎に行った時に美味しかったからと買って行く人が多いのだとか。

女性向けのお菓子ではないでしょうか。紅茶と一緒に食べると合いそうですね。

 

【高級みやざき完熟マンゴージュレ】




ちょっとお高いですが、その味は確かです。マンゴー好きはぜひ食べてみていただきたいです。

味が濃厚でいて、さっぱりしている贅沢なものです。上司やちょっと重要な客先へのお土産として選択してみてもいいかもしれませんね。

 

【日向夏みかんサブレ】



サクサクでいて、夏みかんの香りがほのかにする宮崎のサブレです。

美味しくもあり、値段もお安く、しかも数が入っているので配布用にピッタリなお土産菓子です。

【ぼうちーず】
 

 

サクサクのサブレ生地の中にクリームチーズが詰まっていて、生地とクリームがちょうどよく合わさって美味しさをひきたてます。

結構な人気商品のようで、売り切れることもあるそうです。売り切れるほど美味しいのでしたら、買ってみなければなりませんね。

 



Sponsored Link


まとめ

以上、宮崎のお土産銘菓の鉄板5選とその他10選で15種類をご紹介させていただきました。

宮崎県にはたくさんの種類のお土産がありますね。ご当地限定のものや、売り切れ必至な幻の銘菓まで欲張りに食べたいのでしたら計画性が必要かもしれませんね。

観光も、美味しいものも楽しめるのが旅の醍醐味だと思います。

本ブログを宮崎に観光に行った時のお土産の参考のひとつとしていただけるのでしたら幸いです。