大分土産の銘菓まとめ!大分の美味しい銘菓を紹介

九州東部に位置し、別府温泉など有名な温泉が数多く存在する大分県。

だからこそ、温泉客をターゲットにして色んなお土産が作られますよね。では、どんな銘菓があるのでしょうか?ご存じのものからご存じでないものまで大分県の銘菓をお伝えします。

※本記事の画像はJTBショッピングサイト 他ツイッター等引用

Amazonや楽天等で販売されているものは転売等もあり、購入したはいいけど賞味期限が切れていたりトラブルが多いそうなので注意が必要です。マージンも取られるので実は地味に高いです。

生菓子等の賞味期限が短いものを通販で購入されるのでしたらトラベルショップか直接オンラインショップでの取り寄せの方が安全だと思います。

他、九州・沖縄地方のリンクは下記です

 ・沖縄土産の銘菓まとめ!沖縄の美味しい銘菓を紹介

 ・鹿児島土産の銘菓まとめ!鹿児島の美味しい銘菓を紹介

 ・熊本土産の銘菓まとめ!熊本の美味しい銘菓を紹介

 ・宮崎土産の銘菓まとめ!宮崎の美味しい銘菓を紹介

 佐賀土産の銘菓まとめ!佐賀の美味しい銘菓を紹介


 

Sponsored Link

大分土産の鉄板銘菓5選

山が多く、自然にあふれた大分県ですが、お土産やお菓子ってどんなのがあるか知っていますか?

温泉に入ってのんびりして、観光であちこちに行った後で最後に買うのはやはりお土産ですよね。ご近所や職場に配布もするかもしれません。

では、どのようなものを買っていけばいいでしょうか。

まずは、大分の銘菓5選をご紹介致します。いろんなサイトでも挙げられていたり、総合的に定番となりえる銘菓を集めてみました

 

【地獄蒸焼プリン】

 

地獄温泉巡りで買えるプリンです。ちなみに買えるのは『海地獄』ですが、これが評判で大人気です。

ちょっと硬めに蒸しあげたので、食感がしっかりしており、しかも普通のプリンよりも大きなサイズ。しかも濃厚なのでいつの間にか食べきってしまうくらい美味しいといわれています。

地獄温泉に行ったら必ず買う!という人がとても多いプリンです。

【ざびえる】




大分の代表的な定番お土産菓子ですが、まあ名前から由来はわかりますよね。「フランシスコ・ザビエル」です。

かつてザビエルがやってきたことから、南蛮菓「ざびえる」と名前をつけて販売されました。といっても、販売元も「ざびえる本舗」なので店舗名をそのままつけたのでしょう。

一個一個は小さなサイズですが、外はサクサク中はしっとりとした和洋折衷のお菓子です。

日本茶でも紅茶でもコーヒーでも合いそうですね。

【荒城の月】

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ますい えつこ Etsuko M(@dhetsuko)がシェアした投稿


滝廉太郎の『荒城の月』をモチーフにして、月に見立てた真っ白なお饅頭のお菓子です。

ふんわりとした食感に、中には黄身餡が入っていてほどよい甘さの上品な味わいが口の中に広がります。

ご年配の方から、子供まで幅広い年代に楽しんでもらえるお菓子ではないでしょうか。

【ゆず一番】

 

ゆずの産地である大分の銘菓で、やわらかいブッセにゆず練りと呼ばれるジャムがサンドされたお菓子です。

ゆずの風味が豊かでゆずが好きな人からは大好評で喜んで食べられています。

お茶と一緒にのんびり落ち着いて食べることをオススメします。

【ぷりんどら】

 

プリンを挟んだどら焼きですが、こだわりの材料と製法で作られた大分県の菊家さん独自の味です。

まろやかでふんわりした生地にカスタードクリームを乗せ、さらにミルク感たっぷりのプリンにちょっと苦めのカラメルソースをかけて挟んだ、とても口溶けよく美味しいものです。

ボリュームもあって食べ応えがあります。

 



好みとセンスで選ぼう!大分銘菓10選

鉄板5選としましたが、大分県の銘菓はもちろん、これだけではありません。大分県はとってもたくさんの銘菓があり、観光客に購入してもらうのを待っています。

なので、定番以外にもどんなものがあるのかご紹介していこうと思います。

しかし、大分の銘菓を全部あげたらきりがないので10選としています。ご参考ください。

【月さらさ】




まあるいお月様のような形のゴーフレットで、チーズ味と黒糖味があります。

10cmもあるパリパリ感で食べ応えがある歯ごたえに、ほどよい甘さでお土産として人気です。空港やお土産ショップでよく売られているので見かけたら購入を検討してみてください。

【一万円札おせんべい】

https://twitter.com/MaletoFemaleAYU/status/1095335088408059904

 

似ているようで似ていない一万円札を模したお煎餅です。福沢諭吉さんから変わったら新しい一万円になるのでしょうか?

なんか食べたらお金が増えそうな気がするお煎餅ですね。お味の方は卵をふんだんに使われているので、お煎餅らしくありながら甘さをもった食べやすいお煎餅です。

これをお土産で渡されたらきっと大笑いしてくれそうですね。

【かれい最中】

 

こちらもユニーク菓子です。大分県の日出町名産城下カレイをイメージして作られたカレイの形の最中です。

パリッとした食感の最中のなかに、ぎっしりと粒餡が詰められています。しかし、控えめな甘さでお茶と一緒に食べたい味です。

【関あじ、関あじ最中】

 

カレイの次はアジとサバの最中です。どうやら大分県は海産物を最中にするのが好きなようですね。

しっかりとしたパリッとした厚みの生地に餡が詰められています。ちなみに、関あじはこし餡で関さばは粒餡だそうです。

かれい最中と一緒に子供に見せたら面白がるかもしれませんね。

【かぼすサブレ】




大分県はかぼすの産地で、となるとやはりこういったお菓子を作りますよね。というサブレです。

柑橘系のさわやかな香りとサッパリとした甘さです。一箱に20個も入っているので職場配布用で買うのもいいでしょうね。

【チョコレートビーンズ】

 

高級感あふれたとってもお洒落なショコラのビーンズです。ナッツ・クルミ・コーヒー豆をチョコレートで包んだのが人気だそうです。

甘すぎず、大人の味を楽しめちゃいます。桐箱に入ったセットのもあり、贈呈用としても最高な一品です。

 

【ひとひら】

 

臼杵煎餅を一口サイズにしたかわいいサイズのお煎餅です。

食べると種類によって生姜の香りと共にかぼすや、きなこの風味が口の中に広がります。

全国の百貨店やデパートなどでも見かけることはあるかもしれません。

【ジャズ羊羹】

 

ピアノの鍵盤が描かれた面白い羊羹です。中にはワインに漬けられたいちじくが入っていて、羊羹そのものの甘さは上品ながらも控えめ。

この味、そしてユニークさから面白がって買う人も多く、お土産として貰ったら話題になりそうですね。

ツイッターなどでもピアノと合わせて写真を撮ったりと皆さん楽しんでいます。

 

【大分いっち】

 

大分県産の苺ちごを使ったイチゴグラッセをチョコレートクリームと混ぜ合わせてクッキー生地に挟んだ、人気の大分限定菓子です。

ほどよい甘さのクリームと、甘酸っぱい苺がマッチして美味しいと評判です。

苺好きの人はぜひ買ってみてください。

【栗そばまんじゅう】

 

大分では人気の和菓子店の人気和菓子です。

山芋とそば粉を合わせた皮に餡を詰め、さらに栗が丸ごと入ったお饅頭です。

そば粉が入っているので、そばや山芋のアレルギーの人は注意が必要ですね。

 



Sponsored Link


まとめ

以上、大分のお土産銘菓の鉄板5選とその他10選で15種類をご紹介させていただきました。

何の形をしたお菓子がいくつもあってユニークですね。特に一万円札おせんべいやジャズ羊羹などはお土産として渡すと、とても喜ばれると思います。

本ブログを大分に観光に行った時のお土産の参考のひとつとしていただけるのでしたら幸いです。