友達?恋?いい友達が恋愛感情へと変わるときは気付きにくい!違いは?

自分にとって、いい異性の友達であったはずがいつの間にか恋愛感情に変わっていた……なんてのはよくある話です。

しかし、いままで友達だったからこそその感情の変化というのは自覚しにくいもの。

その自覚をする為には、気付きが必要でその違いをはっきりと自覚しなければ、いつの間にかその異性は他の誰かとくっついて何もしていないのに気が付いたら失恋となってしまっているかもしれません。

今回はそんな友達から恋愛感情へと変わる為の自問自答。何に気が付いたときにそれは恋心になっていたのかについて話をしていきたいと思います。

本記事が参考になれば幸いです。

 

ちょっとここだけ

恋人へのプレゼントに迷うことはありませんでしょうか?

直接尋ねても「何でもいいよ」と言われるのが一番困りますし、やはり何か特別なこともしたいもの。

そんなあなたに、オーダーメイドの時計はいかがでしょうか?

印象的な風景や二人の心に大事な思い出を時を刻む時計にしてプレゼント!!

それがプレゼントとして重いと感じるのであれば、彼氏・彼女の大事に飼っているペットの写真などを入れてデザインすると喜ばれるかもしれません。

1万円もかからないくらいの比較的安価な金額で製作できますので、ご興味があれば参考までにご覧ください。

 

自分だけの時計をデザインできる

 

気が付いたら好きになっていた!友情と愛情の違い

ハート形バルーン

男と女に友情はない!と言われることもありますが、その辺りは当人同士の主観となるところでしょう。

どちらかというと、女性の方が男性を『友達』と区分けする傾向が強く、男性はどちらかというと『女』と見てしまう傾向が強いのでその辺りの相互的な認識が対等な友達というカテゴリで一致したときに男女間でも『友情』が生まれるのではないでしょうか。

さて、このような言い回しをしなければならないくらい男女のバランスというのは難しいもので、きっかけがあったり、あるいは気が付いたら好きになってしまっていたというのはよく聞く話です。

なぜかって、それはそうですよね。友達ということは、少なくても嫌いという感情はなく好意そのものは持ち合わせている相手です。

当たり前ですが、よく知らない人と比べたら会話の量も多いですし、悩みなども打ち明けたりと自身が心を開ける相手となりえます。

これ、以前下記の記事でまとめた通り、カップルの仲をさらに進展させることとやっていることは同じなのです。

 

関連記事

最近、会話もマンネリになってきてろくな話をしていないな、と思ってきたら別れが近づいているのかもしれません。かつては会えばあんなによく話をしていたのに、最近は少なくなってきたなと思ってきたら倦怠期になってきたといっていいでしょう。[…]

恋愛・婚活

関連記事

相手に何でも話をできる仲。男女の在り方としては理想となる恋人関係ですね。ですが、どんなに他人からみても仲がいいと評されるカップルでも、最初からそうだったわけではありません。当たり前ですね、他人同士から始まり何かのきっかけで出[…]

恋愛・婚活

 

そんなことを繰り返していたら、

「この人は自分の理解者」

「一緒にいると肩ひじ張らずにいられる」

「話していると幸せ」

と感じるようになり、友情が転じてこの人を他の人に取られたくないと感じるようになり、自然と『愛情』へと変わっていくのです。

ただ、友達として互いにカテゴリをしている者同士ですので、心の変化があっても友情の延長だと感じていてなかなか本人にとっては自覚し辛いものです。

ではこの友情と愛情。一体何が違ってくるのでしょうか?心理学を引っ張り出してみてみましょう。

 

・友達関係にあたっての心理学

仲のいい男女

相手が異性であることを気にせずに対等な関係でいられる友達は、

  • 類似
  • 尊敬
  • 好意

の3点の要素から成り立っていることが心理学上であげられています。

例えば趣味や考え方が似ていることによる類似。仕事や意志などの精神的高さが自分より上だと認められる尊敬。そして、自分にとって相手がやさしい、一生懸命などいい人であると感じる好意

自分の友人関係において、同性でも異性でも要は自身と同じ向かう方向があり、自身をさらに上に伸ばしてくれるかもしれず、話をしていても悪い人間ではないという相手がいるのでしたらきっとそれは、いい友人関係なのではないかと思います。

しかし、この範疇にいる間は同じ『好き』でも恋愛においての『好き』とはちょっと異なる性質のものなのです。

 

・恋愛関係にあたっての心理学

キスしそうな恋人達

さて、いい友人が恋愛感情に発展してしまうとどうなるのでしょうか?

  • 親和・依存要求
  • 援助傾向
  • 排他的感情

の3点の要素から成り立っていることが心理学上でいわれていることです。

相手といつも一緒にいたい、ずっと話をしていたい。いなくなって欲しくないという親和・依存要求。自分を犠牲にしてでも相手を幸せにしたいという援助傾向。邪魔な人間を排除してでも、相手と一緒にいたい独占欲が出てくる排他的感情

要するに何においても彼(彼女)を優先し、ずっと一緒にいたいという気持ちが出てきたらそれはもう、友情から恋愛感情へと移行しているといえるでしょう。

これは友情のうちとごまかさず、冷静に自問自答して考えたときに友人関係における『好き』とは違う感情がでてきたとしたら、それはもう別物になってしまった可能性が高いといっていいのかもしれません。

もちろん、それは言葉にしなければ相手に伝わりませんし、相手がすでに恋人がいるのでしたら失恋になってしまうことも大いにありえます。

しかし、もし恋人となる人や気になる人がいないのであれば、勇気をもって伝えることをオススメします。なぜなら相手が恋愛感情を持っていなければいつまで経っても意識はされないからです。

意識されていることがわかれば、ひょっとしたら相手も気が付かないだけで友情ではなく恋だった、ということもあるでしょう。

この関係が一番居心地いいから。相手のリサーチをしっかりしたい。告白するより告白されたいなどといった弱気で気が長い考え方もあるでしょうし、それもまた本人の選択です。

が、誰がいつ誰と突然の恋になるか何てわかりませんので、手遅れになって泣くようなことがないようにしたいものですね。

 

Sponsored Link

まとめ

さて、男女の友情が恋に変わるときの違いについてまとめてみました。

このあたり、本人が友人だと思っている以上はなかなか気が付きにくいところだと思います。しかし、いつその友情が愛情に変わるかなんて本人以外誰も知りえないことです。

ですので、もし気が付いたときに友人を続けるのか、それとも恋人になりたいのか。悩む必要はありそうですね。

本記事が何らかの参考になるのでしたら幸いです。

 

Sponsored Link