【節約】銀行口座は分けて持て!貯蓄用と生活費用のやりくり

早速ですが、普段利用している銀行口座っていくつあるでしょうか?

もし一つの口座で生活の全てをやりくりしているのであれば、それは貯金がなかなか貯まらない生活をしているといえるかもしれません。

今回は、貯金と節約の為には口座を分けろ!ということをお話していこうと思います。

本記事が参考になれば幸いです。

                                               

支払ばかりで、あちこちでお金が出て行くから貯まらない!

最近は不思議なくらい金運に恵まれていない!

お金が出るときは、なぜか支払いばかりで余計なお金ばかりが飛んでいってしまいますよね。

そんなあなたは、金運低下中。金運を呼び込むために金運上昇のお財布を試してみませんか?



                                               

 

Sponsored Link

 

貯金通帳は最低二つ以上で使い分けろ!ひとつは浪費の元!

お金が飛んでいく

さて、給料の入金から生活費の振り込み、クレジットカードの引き落としなどを面倒だからと全て一つの口座でやっていたりはしませんでしょうか?

それは残念ながら、なかなか貯金がたまらない口座の使い方といっていいでしょう。

なぜなら、いくら入ってきていくら出たかの管理がどうしてもズサンになってしまう為、知らずうっかり無駄な支出をしてしまうのが一点。

そして、心理的に月に利用していい金額がお給料の上限金額となってしまう為に「あ、今月はまだ余裕がある」と気が大きくなってしまい、つい使えるだけ使ってしまうことにあります。

それでもお金が貯まるようであれば、よほど給料がいいか、しっかりと普段の生活にメリハリをつけて節制できている強い精神力の持ち主かもしれません。

が、そんな人ばかりではなく人間は弱いもので、会社や家庭でストレスが溜まったり、ちょっとした家電が壊れたらついついいい物を求めて買ってしまいます。

まあ、買物って買う前、買う時、買った後で人の欲求が満たされるので楽しいですよね。

ですが、そんな

「口座に残ったお金が貯蓄額!」

というのはあまりに難しい貯蓄法です。

しっかりと節約をし、お金を貯めていきたいのであれば口座を最低二つ以上に分けるのが大事です。

特に重要なのが、貯蓄用口座を作ることです。

それも、毎月給料が振り込まれたら必ず2万や3万など決めた金額をその口座に移してかたくなに絶対に使わないという利用法をするのです。

すると、自然と生活費はその金額を差し引いたものでやりくりをしなければならなくなります。

ということは、心理的にも使える限度額が抑えられるので大きな買物もしなくなり、なんとか金額内で一ヶ月をおさめようとして無駄な浪費がなくなります。

仮に生活費を全て使いきったとしても、貯蓄用口座に入金されている分は無事なので手をつけないという意志さえ強ければ、何の問題もなく毎月貯金額が増えていくでしょう。

勿論、貯蓄用口座だけではなくクレジットカードやデビットカードでの支払用の口座や遊行費用など細分化することで、それぞれ自分が月に利用できる限度額の上限を意識的に決めることができます。

 

関連記事

かつては何となく持っているだけでも怖いというイメージのあったクレジットカードですが、最近ではほとんどの人が所持するようになりました。 おそらく、怖いというイメージがあったのは利率がついたり『借金』を持つイメージから、なかなか持つことが[…]

節約・お金を貯める

 

うまく銀行口座を利用して、自分なりのルールを作りつつ口座分けをすると貯蓄もしやすくなります。

それに、たとえば遊行費などでは今月結構我慢したから、来月もう少し使える!一ヶ月で使える分はリセットして余った分は貯金に回そう!などといった工夫や楽しさも見えてきます。

あるいは副業収入用の口座を作ってみるなども面白いかもしれませんね。

 

関連記事

すでに会社が従業員個人を守ってくれる時代は終わり、新卒で入社して定年まで勤めきる人が少ない時代となってしまいました。 元々はバブルがはじけて以降、企業が自分さえよければいいという経費削減を前面に押し出して社内留保を増やす経営者が増え、[…]

社会人

 

Sponsored Link

 

銀行の自動振込サービスを利用して貯金しよう

ATM

さて、ちょっとだけ口座を二つに分ける際の貯蓄用口座について深堀をしていきましょう。

基本的にはお給料が振り込まれたら、そのまま貯蓄用口座に毎月決まった貯金額を移動させるというルールを作りましょう。

1万円でもいいですし、3万円でもいいですし、先々のお給料が増えることを見越して必ず2割は貯蓄用口座に移動させるという自分ルールを作ってもいいですね。

そうしたら、貯蓄分を引いた残金あるいはお給料の8割は全額使って問題なくなるので、我慢という精神的ストレスもかからなくて済みます。

しかし、わざわざ貯蓄用口座に移動させるのが面倒という人もいるかと思います。

そんなときは、銀行の自動振込サービスを利用するといいでしょう。

『自動入金』や『定額自動入金』などといったサービスが銀行によって名称が違うものの、存在します。

これが何かというと、毎月の給料振込口座から貯蓄用口座に自動で設定した金額を入金してくれるサービスなのです。

振込手数料は銀行によっても違いますが、ネット銀行であればこの自動入金の振込手数料を0円にしているところもありますので費用をかけずにお得に利用できます。

最初は面倒に思うかもしれませんが、一度設定してしまえばあとは自動的にやってくれるので、意識的に節約・貯金をためる・ためたい!ということを考えている人はこういったサービスを利用することも考えた方がいいかと思います。

 

Sponsored Link

 

まとめ

さて、銀行口座は二つ以上持つということについてまとめてみました。

ザルなお金の管理方法をしていると、貯金はなかなかたまっていかないというのは多くの人が容易に想像できることでしょう。

貯金の上手な人は、毎月のやりくりやこのように口座を分けて管理していたりと工夫をしていますので、もし自分の管理がズサンだと感じたら、まずは貯蓄口座を作ってみることから始めてはいかがでしょうか?

本記事が参考になれば幸いです。

 

Sponsored Link