ダイエット中はこんにゃく、海藻、きのこで痩せる!低カロリー食材

最近食べ過ぎて太ってきたなと感じたらカロリーコントロールをして始めなければならないのがダイエットです。

自分に甘くしていると、痩せるどころかいつまで経っても太る一方!それでは体型の変化によって見た目も悪くなれば、健康にも当然よろしくはありません。

でも、食べたい。それは人間の『食欲』という本能だから仕方はありません。

でしたらせめて、低カロリー食品である『こんにゃく』『海藻』『きのこ』を中心に献立を組み立てるといいかもしれません。

本記事が参考になれば幸いです。

 

ちょっとここだけ

10代の頃はいくら食べても太らなかったのに年齢と共に太りやすくなってきたと思いませんか?

それは基礎代謝が年々落ちていっているからです。

基礎代謝が上がれば毎日の基礎消費カロリー量も増える!

どんなダイエットでもこれは原則で、さぼっていても寝ていても消費されるのが基礎代謝。

そんなあなたに基礎代謝の『活性化』を促す醗酵黒豆はいかがでしょうか。

黒豆は健康成分も豊富に含有しているので、血糖値や血圧の上昇にも効果的です。

 

代謝アップで脂肪を燃やす!

「醗酵黒豆」

 

 

 

こんにゃく、海藻、きのこは最強のダイエット食!

食事をする女性

一日何色食べるかは人それぞれですが、一般的には一日三食というのが一般的です。

朝飯は基本的に食べない!夕飯抜きダイエットをしているから夕食はたべない!

 

関連記事

突然ですが、実は管理人は15kgのダイエットに成功しました。ストイックにダイエットに打ち込んで約9ヶ月で72kgから最大54.8kgまで落とすことができたのです。それから約一年。2kg戻ったものの、完全にリバウンドはまだ抑えている状[…]

ダイエット関連

 

それは人それぞれですが、食生活は『習慣』となっているので、一日だけならともかく何日も連続でいままで食事をした時間に食事を抜くということは結構な苦痛を伴います。

でも、食べたら太る。

でも、三食のカロリーはえげつない。

太ってきた、ダイエットしたいと自分で感じるようになるとこのあたりは誰しも必ず思うところではないでしょうか。

さて、そんな葛藤の強い味方が、

  • こんにゃく
  • 海藻
  • きのこ

の『3K』となります。

そもそも、なぜこの三つなのかというと、一般的にも言われているようにとにかくカロリーが0に近く、食物繊維が豊富で満腹感が増し、さらに整腸効果もあるという点が大きいのです。

特にダイエット中に便秘になってしまうと物理的に腸内の便の重さの分、体重はおもくなりいくらダイエットを頑張ってもなかなか体重が減らずにやる気がそがれます。

その他、なかなか便が排出されないと腸から再吸収されて脂肪に変わってしまうことがある為よくありません。

 

関連記事

ダイエットをしていて、なかなか体重が落ちない!そんなことがありますよね。体重が落ちないとダイエットに対するやる気も低下していきます。しかし、それはひょっとしたら便秘が原因かもしれません。今回はダイエット時の便秘につい[…]

ダイエット関連

 

このあたりを改善してくれ、さらに超低カロリーな食材が『こんにゃく』『海藻』『きのこ』なのです。

 

Sponsored Link

 

こんにゃく、海藻、きのこの栄養素

海藻

では『こんにゃく』『海藻』『きのこ』はどのような栄養素を含んでいるのでしょうか?

共通するところは、

  • カロリーが0に近い
  • 食物繊維が豊富
  • 空腹時の満腹感が高められる
  • 腸内環境がよくなることで便秘の改善や美肌効果

といったところでしょうか。

それでは一つずつ見ていきましょう。

 

・こんにゃく

こんにゃく

ノンカロリーのダイエット食のド定番であるこんにゃくは、97%が水分となっております。

つまり、食べても水を飲んでいるのと同じで栄養的なものは少ないといってしまっていいですが、食物繊維の一種であるグルコマンサンは豊富な食材となっています。

このグルコマンサンは、体内の毒素や老廃物を吸収して体外に排出する効果、そしてコレステロールを抑える働きがあるのです。

つまり、便秘の解消や美肌効果を見込むことができるでしょう。

 

栄養素可食部100gあたりに含まれる成分量
エネルギー5㎉
0.4㎎
カリウム33㎎
食物繊維2.2g
カルシウム43mg

 

・海藻

わかめ

海藻もいくつもありますが『わかめ』を代表としてあげてみましょう。

こちらはお味噌汁に含まれる定番でもあり、わかめスープにしたり、料理に使ったりと様々な料理に使うことができる日本人定番の食材です。

 

関連記事

ダイエット中は食事量を減らすというのは痩せる為の基本です。食べて痩せるダイエットはなかなか成功しにくいもので、食べるという快楽を得た分、痩せるという厳しさもまた、当然でしょう。しかし、ダイエットの始めたてはどうしても空腹に耐えること[…]

ダイエット関連

 

特徴として、カリウムの含有量が多いので血圧低下効果。骨を丈夫にするカルシウムも豊富に含まれています。

わかめを水に浸した際に出てくるぬめぬめした部分は、食物繊維のアルギン酸によるものでコレステロール低下への効果が見込まれます。

その一方でカロリーは少なく、まさにヘルシーな健康食材といえるでしょう。

 

 

栄養素可食部100gあたりに含まれる成分量
エネルギー16㎉
ビタミンC15㎎
カリウム730㎎
食物繊維3.6g
カルシウム100mg

 

・きのこ

しいたけ

きのこ類もまた、海藻と同じで色々と種類がありますので『しいたけ』をピックアップしてみてみましょう。

しいたけは、炊き込みご飯や煮込んだり鍋の具材にしたりと多様な使い方ができるきのこで、くにゅっとした食感が好きという人もいるでしょう。

しいたけは食物繊維が豊富で低カロリーもさるおとながら、高血圧予防のカリウムを含んだ栄養素が入っています。

日光にあたるとビタミンDに成分が変化して骨の形成にも一役かいます。

 

 

栄養素可食部100gあたりに含まれる成分量
エネルギー19㎉
ビタミンB20.2㎎
カリウム280㎎
食物繊維4.2g
ビタミンD0.4㎍

 

 

Sponsored Link

 


まとめ

さて、ダイエット中の低カロリー食材ということについてまとめてみました。

ダイエット時の定番といえば定番の食材かもしれませんが、実際に栄養素に何が含まれているのかということまで調べることはあまりしないかもしれません。

もちろん、こればかりを食べるわけにはいきませんが太る食材ではなくお腹も満たせますので、意識的に通常の食事の代わりにこんにゃく、海藻、きのこメインの食事にするなど切り替えていけば、ダイエット効果も加速するのではないかと思います。

本記事が参考になれば幸いです。

 

Sponsored Link