日本国内の混浴できる宮城県の温泉!混浴風呂・貸切風呂あり!旅館大沼!

彼女と一緒に温泉に入りたい!夫婦で一緒に温泉に入りたい!新たな出会いが欲しい!あるようでいて、なかなか見つかり辛い貸切風呂や混浴風呂。

宮城県では『旅館大沼』という宿が、実は混浴風呂や貸切風呂がありますのでご紹介していきます。

8つのお風呂のうち、5つは貸切できるとのことで男女でも女性同士でも安心して入浴ができる温泉宿です。

ちなみに、日帰りでの入浴もできるそうです。

 

北海道・東北の混浴・貸切まとめ記事

一度は混浴風呂でドキドキ気分を味わってみたい!カップルや家族で温泉を楽しんでみたい!そんなことを考えたことをある人もいるでしょう。そんなわけで、北海道と東北の混浴・貸切できる温泉宿をまとめてみました。※随時更新[…]

旅行

 

Sponsored Link

宮城県の混浴あり・貸切あり 旅館大沼

 

宮城県大崎市にある『旅館大沼』は、名湯 鳴子温泉郷にある温泉宿です。

この温泉郷は1200年の歴史があり、温泉好きな人に人気の温泉郷のひとつです。

 

 

こちらの旅館大沼の湯は全て源泉かけ流しの湯ですので、その温泉の効能も効果てきめん!

何でも、かつての仙台藩主の伊達慶邦(だてよしくに)が子供ができなくて困っていたところ、この湯に浸かったら二子をもうけたという話もあるとか。

 

 

しかも貸切ができる庭園の露天風呂(母の湯)がひとつに、

 

 

まさに昔ながらの大浴場、しかも混浴の「薬師千人風呂」もあります。

女性専用の時間もありますので、混浴はさすがに恥ずかしいけど浸かりたいという女性にも配慮がされています。

他にも、

  • 天女風呂(女性専用)
  • 石割の湯(足湯)
  • 陰の湯(貸切可能)
  • 陽の湯(貸切可能)
  • 灯りの湯(貸切可能)
  • ふかし風呂(貸切可能)

といった、計8つのお風呂がありますので、混浴を期待する人だけならず温泉好きの人にとっても満足のいく宿です。

 

 

ちなみに部屋の方も、旅館ならではの落ち着いた和室や鉄筋4階建ての『湯治館』という建物もあり、4つのタイプの部屋が用意されています。

 

 

勿論、食事も忘れてはいけませんね。旅館といえば、目を見張るような美味しそうな料理の数々と量でうっかりお腹いっぱい食べてしまうのが定番です。

ここでは「一汁五菜」のヘルシーなプラン、「一汁七菜」のスタンダードなプランを選び、地元の旬な野菜や米などを使った美味しい料理を食べることができます。

豪華なおもてなし食を出されるのとは違い、量をあらかじめ選ぶことができるのがいいですよね。

 

Sponsored Link

 

温泉の効能は?

 

旅館大沼の温泉は『東鳴子泉(ひがしなるこおんせん)』です。

ここの湯の特徴は重曹泉で、『美肌の湯』といわれています。肌の表面の老廃物や汚れを取り除き、肌のすべすべ感を取り戻すことができる女性に人気の湯なのですね。

 

泉質純重曹泉

含食塩・芒硝―重曹泉

効能神経痛

筋肉痛

関節痛

五十

運動麻痺

関節のこわばり

うちみ

くじき

慢性消化器病

痔疾

冷え性

病後回復期

疲労回復

健康増進

切り傷

火傷

慢性皮膚病

 

なお、母里の湯以外は24時間いつでも(おそらく掃除時間以外)入浴可能です。

貸切風呂も5つのうち4つ(母里の湯を除く)は予約制ではなく、内から鍵をかけるタイプですので、鍵を閉めた時点で自動的に貸切となります。

母里の湯は宿泊者専用で、別途料金と予約がかかりますので注意をしましょう。

 

Sponsored Link

 

旅館大沼へのアクセスは?

住所:宮城県大崎市鳴子温泉字赤湯34

電話番号:0229-83-3052

予約用番号:0120-268-891

HP:旅館大沼

なお、

車の場合:東北道・古川ICから約40分

電車の場合:JR鳴子御殿湯駅より徒歩約3分

となっています。

 

Sponsored Link

 

旅館大沼の値段は?

 

さて、やはり行くとなると気になるのは値段ですよね。

2021年1月の時点で下記料金にて記載がありましたので、まとめさせていただきます。

一応参考に、実料金についてはホームページや旅行サイトで改めて宿泊日で確認をするといいでしょう。

 

一汁五菜ヘルシープラン(1泊2食付)1人 基本宿泊料金 ※消費税込 
「母里の湯」

入浴プラン付

ベット付和室¥17,600~
本館トイレ付(本館A)¥14,300~
本館トイレ無(本館B)¥12,100~
湯治館¥9,680~
「母里の湯」

入浴プランなし

ベット付和室¥16,500~
本館トイレ付(本館A)¥13,200~
本館トイレ無(本館B)¥11,000~
湯治館¥8,580~

 

一汁七菜スタンダードプラン(1泊2食付)1人 基本宿泊料金 ※消費税込 
「母里の湯」

入浴プラン付

ベット付和室¥19,800~
本館トイレ付(本館A)¥16,500~
本館トイレ無(本館B)¥14,300~
湯治館¥11,880~
「母里の湯」

入浴プランなし

ベット付和室¥18,700~
本館トイレ付(本館A)¥15,400~
本館トイレ無(本館B)¥13,200~
湯治館¥10,780~

 

自炊湯治プラン 基本宿泊料金 ※消費税込 
湯治館

(3泊以上のみ)

1室1名利用の場合¥5,500~
1室2名利用の場合¥4,400~

 

なお、日帰りでの入浴は11:00~14:00まで

・館内1F 薬師千人風呂(混浴)・天女風呂(女性専用)・家族風呂・アロマテラピーふかし風呂・石割の湯(足湯)

  • 大人 500円
  • 小学生 300円
  • 未就学児 100円

・庭園貸切露天風呂「母里の湯」※要予約 平日のみ 1日3組まで

  • 大人 2,000円
  • 小学生 1,000円
  • 未就学児 500円

・館内4F 陰の湯(貸切)・陽の湯(貸切)

  • 1組 40分 2,000円

となっています。

あくまでこれはサイトのものですが、下記の旅行サイト等で掲載されていれば、もう少し割引があるかもしれませんので、チェックしてみてもいいかもしれませんね。

 

宿の予約なら一休!



 

宿泊予約の定番じゃらん!



 

老舗の日本旅行!



 

 

Sponsored Link

 

まとめ

さて、宮城県で混浴できる温泉として『旅館大沼』さんをご紹介させていただきました。

鳴子温泉といえば、有名な温泉郷ですし効能はバッチリではないでしょうか。それにしても、貸切風呂やら大浴場での混浴風呂ばかりとは、家族や恋人同士でゆっくりする為の宿としてはちょうどいいのかもしれませんね。

本記事が何らかの参考になるのでしたら幸いです。

 

Sponsored Link