初デートは重要!相手の好みと環境を整えれば好感度も上がる!

自分が心に思う相手に初デートを申し込もう!という人はこれからの彼あるいは彼女との進展に期待と不安を持つことでしょう。

風潮としては、男性が女性を誘うのが一般的ですが女性もまた、好きになった男性には積極的にアピールすることも。

さて、誘ったはいいけど「どこに連れて行こう?」ということをやはり誰しも考えるかと思います。

そして初デートは当たり前ですが、もっとも重要です。これで相手の心証や好感度がまったく違うと言っても過言ではありません。

そんな初デートについて当たり前のことではありますが、あえてまとめてみたいと思います。

本記事が参考になれば幸いです。

 

ちょっとここだけ

恋人へのプレゼントに迷うことはありませんでしょうか?

直接尋ねても「何でもいいよ」と言われるのが一番困りますし、やはり何か特別なこともしたいもの。

そんなあなたに、オーダーメイドの時計はいかがでしょうか?

印象的な風景や二人の心に大事な思い出を時を刻む時計にしてプレゼント!!

それがプレゼントとして重いと感じるのであれば、彼氏・彼女の大事に飼っているペットの写真などを入れてデザインすると喜ばれるかもしれません。

1万円もかからないくらいの比較的安価な金額で製作できますので、ご興味があれば参考までにご覧ください。

 

自分だけの時計をデザインできる

 

雰囲気は大事!誘った場所で相手の反応も変わる!

ホテルのバー

誰しもが、男女の付き合いを始めると必ず初デートをするときがやってきます。

ちょっとお洒落な服を着て、髪をセットしてお化粧をして。好きな人との初デートとなると緊張して必要以上に力が入ってしまうものでしょう。

それもそうです。人の好感度というのは、

  • 身だしなみ
  • 人となり
  • 周辺の環境

の三つによって形成され、その時々によって大きく上下するものです。

身だしなみは整えて当たり前。人となりは普段の言動によるものですので、いまさら初デートする相手に取り繕ってもどうしようもありません。

となると、やはり『周辺の環境』という分野にこそ初デートは重きをおくべきであり、そしてこれが相手の好感度を大きく作用するのです。

なぜなら、心地よい環境では人の心というのはリラックスし、一緒に過ごしている人との好感度が大幅に上がりやすくなるものなのですから。

これを「フィーリング・グッド効果」といいます。

たとえば、プロポーズをするとき、よく普段行かないような高級レストランや特別な場所を選択してここぞ、という時に切り出しますよね。

これは、その周囲の環境が相手の感情を大きく左右させる状況にあるからです。

いくら付き合いの長い男女でも、吉野家で牛丼を食べながらいきなりプロポーズしても「は?」とあきれられる確率の方が高いでしょうし、ただの笑い話です。(面白いからヨシ!という人も中にはいるかもしれませんが…)

一方、夜景の見えるレストランで静かに二人っきりでプロポーズをしたらどうでしょうか。雰囲気に流されてOKしてしまいそうではないですか?

それは初デートでも同じで、互いの好感度を上げるには場所やお店選びをするのはもっとも重要と言えるでしょう。

 

Sponsored Link

 

デートに最適な空間とは?

二つ並んだワイン

さて、実はデートに最適な空間というのは画一的なものはありません。

なぜなら、「人によって好みが違うから」です。心地いいと感じる環境が人によって違うと言い換えてもいいでしょう。

静かな方がいいという人もいれば、静か過ぎるのは苦手という人もいますし、快適な空間というのは人によって違うのです。

なので、プロポーズをするような仲であればある程度知っているとは思いますが、初デートにのぞむのであれば、相手の好みをそれとなく把握しておくことが大事です。

最近ではインターネットでオススメのデートスポット!ということで色んな場所が紹介されていますし、見る人も多いでしょう。

しかし、それが彼、彼女の好みに合うのかはまったくの別問題です。せっかく選んでお金をかけたとしても、相手の好みに合わなければ心証を下げてしまうのは当たり前のことです。

ですので、相手がどのような場所が好きなのかは事前に会話の中で聞いておくといいでしょう。

しかし、婚活で会ったばかりのような男女となるとそうもいきません。ですので、そういった場合に一般的にイイとされている雰囲気は下記四つを満たしたお店です。

  • 適度な明るさ
  • いい香り
  • 適度な温度と湿度
  • 音楽やインテリア

それではNG行為も含めて、一つずつ詳しく解説していきましょう。

【適度な明るさ】

明るすぎず、暗すぎずといった適度に快適に会話ができる環境がいいでしょう。

明るすぎれば話しにくいし、暗すぎると警戒心を生みます。

しかし、普段会話をしていてすでにある程度の友人以上の関係を築いている男女の初デートであれば、少し暗めのムーディーな照明が付いたところも選択肢としてとっていいでしょう。

そういった雰囲気で二人の空間を意識することで、深い仲へと進展していく可能性は高まります。

【いい香り】

紅茶や珈琲など、人によって好みは変わりますが良い香りというのはリラックス効果を生み出します。

リラックスするということは、会話の緊張感や警戒感が緩むということになり、普段話さないようなこともうっかりと話してしまうかもしれません。

【適度な温度と湿度】

人が快適に過ごせる空間というのは、温度が23℃かつ湿度が30%程度の環境と言われています。

これを大きく上下してしまうと、不快感を大なり小なり生み出してしまいます。となるとやはり快適とはいいがたく、早々にお店を出てしまおうとなりかねません。

ちゃんと空調が効いたお店であれば問題ないと思いますが、いきなり奇をてらうようなお店に連れて行くなどといった行為はしない方がいいでしょう。

【音楽やインテリア】

心地よい音楽や、美しいインテリアは耳や視覚に刺激をあたえ、快適な空間へと導きます。

同時にリラックス効果を人へともたらせてくれますし、お互いに気にいれば話題のネタとすることもできるでしょう。

緊張感をほぐし、心地のよい高揚感をもたらす為には必要な要素です。

【こんなのはNG】

ひとりよがりのお店選びや、場所選びは基本的にNGとなります。

人によってはコーヒーの匂いが苦手だったり、開放的な場所が苦手だったりなど趣味趣向があり、自分の趣味を押し付けるような行為はNGとなり、嫌われる要因となってしまいます。

もしそれでも相手を喜ばせたい!自分の趣味を分かって欲しい!というのであれば、事前に相手に確認をとるくらいのことはした方がいいでしょうね。

 

Sponsored Link

 

まとめ

さて、初デートの環境ということでまとめてみました。

ほとんどここであげたことは、できて当たり前のものなのですが、なかなか世の中「自分は他人と違うことをする!」とばかりに初デートで失敗に走ってしまう人がいます。

最初から友人関係を築いていた男女であれば、ある程度相手のことを把握しているのでいいかもしれませんが、まだ関係が薄い男女であれば初デートは特に重要になりますので、互いの感情を盛り上げる為に環境を整える為の努力はしたいですね。

本記事が何らかの参考になるのでしたら幸いです。

 

Sponsored Link