Amazonの並行輸入品は買わない方がいい!?箱や商品がぼろぼろの可能性あり!

世界最大級の通販サイトであるAmazon。

ですが、あまり海外商品である並行輸入品に関しては買わない方がいいのかなと思います。

その理由について、今回は一個人の主観的なことですが、話をしていこうと思います。

本記事が参考になれば幸いです。

 

Amazon マーケットプレイスは個人!

段ボールを持つ女性

本記事をご覧になる方は、おそらくAmazonで並行輸入品という形で海外商品を買ったらぼろぼろの箱で届いたとか、あからさまな中古感があったとかそういった理由で検索をしているのかなと思います。

まあ、確かに名の通ったAmazonで購入をすると「大手だし大丈夫だろう」という謎の信頼感がありますよね。

最初に申し上げておくと、

「販売元:Amazon 出荷元:Amazon」

となっているものについては、基本的には問題ない可能性の方が高いと思われます。

かといってないわけでもないですし仮に問題があったとしても、企業として面倒をみてくれるし対応もそれなりに早いですし、しっかりしています。

確率的にはそう面倒なことは輸送上のトラブルでもない限りはないのかなと思います。

さて、問題となるのは『マーケットプレイス』の方です。

正直、管理人でしたら余程のことがなければこちらでは購入は控えます。

なぜなら、Amazon マーケットプレイスはAmazonという日本で一番利用者の多いサイトを媒介にして出品している小売店、あるいは『個人』だからです。

とはいえ、ある程度名前の通った小売店であれば比較的まだ安全……かと思うと、そうでもありません。

在庫がAmazonの倉庫にあり、Amazonから発送される場合、一度誰かの手に渡ってから返品された商品が倉庫に戻り、ろくに確認もされないまま改めて新品として出荷されることがあるからです。

Amazonが悪いんじゃないの?と思われるかもしれませんが、あくまで委託をされているだけの立場ですし、そりゃあAmazon側としても委託元の商品を下手に触るわけにもいかないので「手をつけていません」と顧客から返品されたらチェックもザルになります。

なので、粗悪品が多かったりするのです。

それに、委託された商品を客の勝手な都合で返却されたものなんて、Amazonが負債を抱える義務もないでしょうし、委託元に返品されましたので引き取ってくださいと返送するわけにもいかないので、行き場がないのですから売ってしまおうとなってしまうわけですね。

それでもまあ、悪質でない限りは小売店はまだマシなのかもしれません。

問題は個人販売をしている人達です。Amazonに委託販売をするのに、いまは個人でもそれなりに簡単に審査が通ってしまいます。

副業の本などを見ていると、Amazonで登録して無在庫販売ができます!とあらゆる所で紹介されています。

さて、個人というのはあまり『責任』というものをわかっていない人が多いですし、売れればいい、稼げればいいという悪質な人も多いわけで、消費者側からすればそれを見分けるのに出品者評価しかないわけです。

しかし、日本人はそこまで評価に積極的ではないので適正な評価がされているかは微妙なところでしょう。

ですので、すべての出品者ではありませんが商品の状態が悪かろうと注意書きもなにもなく出荷してしまうわけです。結果、嫌な思いをするのは消費者ということになるわけなのですね。

 

Sponsored Link

 

特にAmazon マーケットプレイス販売の並行輸入品はやめた方がいい!

輸入

さて、Amazon マーケットプレイスから買うと変なのが届く可能性があるといった話をしてきましたが、管理人がどうしても許せないのは無在庫販売の並行輸入品となります。

並行輸入品というのは、海外で販売されている商品を輸入して販売する場合につけられるものです。

 

関連記事

Amazonやフリマアプリなどを見るとブランド品の説明のところに『並行輸入品』という記載を見かけるかと思います。なんだこれ、怪しいな……偽物か?と疑い深い人は思うことでしょう。本記事では、並行輸入品という言葉が使われる理由に[…]

生活

 

先にお伝えしたように、小売店から個人までAmazonではマーケットプレイスとして委託販売がされています。

そして、海外企業も小売店のひとつとして参入してAmazonのマーケットプレイスで販売をしているわけです。

さらにいえば、販売方法としても注文後3~4週間程度かかるという、注文を請けてから海外から仕入れるという無在庫販売方式をしているところが結構あります。

海外倉庫に在庫があるというのは、半分ウソの部分もあるのかと思います。

さて、そこに出ている商品画像はAmazonが提供している【新品の】商品画像であり、現物の商品画像ではありません。

つまり、手元にないわけですからどのような状態の物が届くかわからないというわけですね。

海外輸入を何度かしている管理人の所感で下記の記事を作成しましたが、海外品って輸入の段階かあるいは購入した段階ですでに商品の箱がぼろぼろ、あるいはキズがついていることが多いわけです。

 

関連記事

本記事はこれから海外輸入ビジネスを始めたい!輸入をしてみたい!と考えている人向きの記事となります。海外商品を輸入する際の箱潰れに関しての話となります。本記事が参考になれば幸いです。 [the_ad […]

副業

 

それは、外人は中身が使えればいいという考えで箱を重視していないからという考え方の違いによるところでしょう。

さらにいえば、開封されたあとがあったりと結構酷い状態で届くのが一定確率で存在します。

 

箱潰れ

 

こういった画像の感じに届いた時にはすでに箱の上蓋が潰れてふにゃけた状態になっていたりですね。実はこれでもマシな状態のこともあったりもします。

通常の輸入でもこういったことは多々あるわけで、それが出品者本人が現物を見ずに購入者に送るのですから、当然ながらハズレのリスクは購入者側にすべてついてきます。

これでいて、返品を受け付けないとか販売者側の責任放棄もいいところではないでしょうか。

これなら、おそらくメルカリなどのフリマで購入した方が、現物の商品画像は載せてくれているし、個人売買として丁寧な人は問題がおきたときも運営側と合わせてちゃんとしてくれる可能性は高いでしょう。

※もちろん、悪質な人もいるので見極めは必要です。

ですので、もしAmazon マーケットプレイスでまだ購入せず迷っていて、調べている段階の人、あるいは今後の購入について考えている人が本記事をごらんになっていたら、

やめたほうがいい!!

と断言しておきます。

海外輸入品のコメント欄を見ると、

  • 箱がボロボロでした。プレゼント用だったのに残念です。
  • 違う品物が届いた。

など、トラブルも多かったりします。もちろん、善良な出品者も多いでしょうが、そういう出品者にあたる可能性もあるわけで、購入をしたいのならリスクを考慮した方がいいのではないでしょうか。

ちなみに、できるだけ不快な思いをしたくないのでしたら、

  • 出品者の評価をよく見る
  • コメント欄を確認して届いた商品に問題があったコメントがないかチェックする
  • 箱がぼろぼろになっても構わない

等を可能な限り考慮に入れてポチッた方がいいのではないかと思います。

 

Sponsored Link

 

 まとめ

さて、Amazon マーケットプレイスの並行輸入品はやめておけ、ということでまとめてみました。

Amazonそのものは、まだまともな通販サイトではあると思いますが、Amazon マーケットプレイスとして販売している小売店や個人は結構酷いものが多かったりします。

管理人もうっかりマーケットプレイスで買ってしまい、大半は問題がなかったものの、一部やはり開封跡があったりなど不快な思いをしたこともあります。

ある意味では通信販売という機能のリスクといえなくもないですが、それならフリマでちゃんと現物画像を載せて注意文も入れてくれている人の方がよほどいいのかと思います。

正直、Amazonで購入はいいですが、Amazon マーケットプレイスでの購入はオススメはしないですね。

 

Sponsored Link