【副業】不要なゲームや所持品を売るなら店舗よりフリマの方がいい!不要品販売術

副業をやってみたいけど、何から始めればいいという人はいませんでしょうか。

そういう人は、まず自分の家の不要品を販売してみることから始めてみるといいかもしれません。

今回は、副業の手始めにまずフリマアプリで販売をしてみようということでお話をしていこうと思います。

本記事が参考になれば幸いです。

 

ちょっとここだけ

自宅にいながら副業をやってみませんか?

文書が得意であればテーマに沿って書くだけのライティング

デザインが得意ならロゴマークの作成やイラスト

プログラムが得意ならIT関連会社の外注スタッフ

などなど、多くの人が登録して日々お小遣いを稼いでいます。

空いた時間に自分の技術を活かして稼げるクラウドソーシングサービスをお試しください。

実際、いくつか仕事をしてみると、新しい自分の可能性が広がります。

もちろんお金はかかりませんので、登録して自分に合いそうな仕事があるか探してみてください。

 

クラウドソーシングサイト【クラウディア】


 

副業を始めることに困ったら不要品をネットフリマで販売してみよう!

フリマ

副業を始めたい、お金を稼ぐ手段を増やしたい。

最近では会社が従業員を守ってくれなくなり、もしもの時の為の貯金や自分の生活を向上させる為に副業や別の稼ぐ手段に興味をもつ人が増えています。

自分、あるいは自分の力に自身のある人はドンドン新しいことをやってみて自分に合った副業を探して稼いでいきます。

その一方で、

「自分には取り柄なんてないから……」

という自信のない人は、なかなか本業とは別の稼ぎをみつけることができません。

そういう人は、まず身の回りの不要品からネットのフリマアプリを通して販売してみてはいかがでしょうか?

不要品を販売するだけですので、副業とは言い難いかもしれませんが、例えば所持しているぬいぐるみやブランド物のバッグ、漫画やゲームなど、何でも売り手がいれば買い手も存在する世界です。

自分にとっては不要品であっても、誰かにとっては必要な品である可能性があるのならば出品してしまいましょう。

なぜ、副業初心者にフリマアプリでの販売を勧めるのかというと、自身が販売してお金を得たという成功体験を得る為です。

ただのアンケートサイトによる副業でもそうですが、会社と別のところで自分の力でお金を稼いだという経験は、非常に自信へと繋がるからなのです。

 

関連記事

副業で人気のアンケートや商品モニターをご存じでしょうか?少額ながらもほんのわずかな隙間時間に簡単な回答をするだけでお金が稼げてしまうというのが、この副業のいいところです。今回は、そんなアンケートやモニターといった副業のやり方[…]

副業

 

それがたとえ、不要品を売っただけでも収入は収入で立派に自分で行動して販売した成果となります。

といっても、イメージとして、

「騙された!」

「品物を送ったのにお金が振り込まれない」

といったニュースも一時期多かったので、あまりフリマアプリ(特にヤフオク)にいい印象がないという人もいるでしょう。

しかしまあ、これは一部の悪質な人間がやっているから目立つだけで、確かに中にはコメントで面倒くさいのもいますが基本的にいまはシステムがしっかりしていおり、それに従っていればそうそうおかしなことは起きませんので安心してください。

 

Sponsored Link

 

不要品をゲームショップやハードオフに売ると勿体ない!フリマは高額で売れる!

段ボールを持つ女性

さて、中には不要になったものを中古ゲームショップやハードオフなどに販売してお金にしてしまっている人がいます。

しかし、これは非常に勿体ない!!

といっても過言ではありません。

なぜなら、買取ショップは安く購入して高く売るということをするので、当然ながら相場よりかなり安い金額で買い取りをすることになります。

たとえば、ブックオフのような中古本屋であれば30円で買い取った本を200円で売るというのは普通です。

確かに、確実に溜まった不要品を大量に買い取ってくれるというのは利点かもしれませんが、下手をすると二束三文の売値にしかなりません。

その一方で、フリマアプリであれば個人間取引として相場、あるいは相場よりちょっと下がった金額程度では売ることができるのです。

たとえばこれは、管理人が所持していたゲームをPayPayフリマにて販売したものですが、まあ大体相場通りかその少し下くらいで売れているかと思います。

もちろん、送料とアプリに支払手数料は売値から引かれますが、それでも買取ショップではなかなかこうはいかないので、仮に10万円がフリマアプリで販売できたとしても買取ショップであれば5~6万円くらいがせいぜいの販売価格でしょう。

このようなことから、販売の練習及び不要品を売った自身の収入を鑑みてもフリマアプリで売った方が高値で売れ、一挙両得どころか副業経験の先駆けとしてそれ以上になることもあるのではないでしょうか。

 

Sponsored Link

 

どこのフリマアプリに出品すればいいの?

やる気

さて、もし少しでもやる気になったのであれば、まずは家の中の不要品を集めてみましょう。

ある程度販売するものを決めたら、いよいよフリマアプリに出品です。

「でも、どのフリマアプリに出せばいいの?とりあえずメルカリ?」

と考えることかと思います。

そうですね、メルカリが一番こういったフリマアプリでは有名かと思います。オークションですとヤフオク!でしょうか?

まず、希少性があって価値のあるものについてはヤフオク!に出品することを強くオススメします。

確かに面倒くさい指示を出してくるような人もいますが、希少性があるものは買い手がつきやすく、しかもオークション形式なので予想以上に値段が上がりやすいという特徴があります。

さらに、一応はYahoo!が管理しているアプリですので、手順に沿ってのみ動いて販売して下手に相手のコメントに左右されなければ不正もほとんどできません。

ちなみに、フリマアプリで代表的なものは、

  • メルカリ
  • ラクマ
  • PayPayフリマ

のみっつでしょうか。

この中だと有名で定番の『メルカリ』にひとまず出してみようと最初は思うかもしれませんね。

たしかに、ユーザー数はダントツに多く、買い手が早めに見つかるのがメルカリです。次いで『ラクマ』『PayPayフリマ』でしょう。

しかしこの順番、売上から差し引かれる販売手数料の『掛率』が高い順にもなっています。

つまり、メルカリで販売すると販売額の10%がメルカリに取られてしまうということ。これは結構大きいです。

ちなみに、ラクマは6.6%でPayPayフリマは5%となっています。

送料に関してはPayPayフリマ以外は買った方が払うということにもできますが、送料込みでないといまは販売が難しいので、それを考慮するとメルカリは、

「送料 + 販売手数料(10%)」

となってしまうので、とにかく不要なものを無くしたいという状況以外ではよく考えて販売した方がいいかと思います。

ちなみに管理人が実際にやってみた中でオススメする方法は、まずPayPayフリマで出してみるというものです。

事前に相場を調べてここでまず出してみて、半月くらいなかなか売れなようでしたらメルカリ・ラクマでの販売に切り替えるという形です。

これであれば、うまく早いうちに買い手がつけば一番安い手数料で済みますし、なかなか売れなくてもユーザー数の多いメルカリやラクマで販売するという希望が残っています。

手間はかかるかもしれませんが、一人でも多くの人の目に触れること、そして販売金額も大事ですので、どうすれば売れるかを考えてみるといいでしょう。

 

Sponsored Link

 

フリマアプリを利用して不要品販売から発展させる!

 

では、販売して売れてお金にすることができるという喜びを感じたら次の段階です。

売る自信と売る方法を経験できたのでいよいよ、発展させてちゃんとした副業としてお金を稼いでみましょう。

もちろん、お金を稼げたという経験から販売以外の方法にシフトしてウェブライターなどをやってみるのもアリだとは思います。

 

関連記事

副業としてウェブライターの需要は年々高まっています。特に、先を見据えて経験やスキルになることをしようという大学生でも、空いた時間に執筆作業をすることで場合によってはアルバイト並みにお金を稼ぐことも可能です。実は意外と、時間の[…]

副業

 

ですが、もしフリマサイトでの経験を活かしたいのであれば『せどり』や『輸入ビジネス』という方法がこのフリマアプリ販売経験に発展性をもたらせてくれるものとなります。

せどりは、日本国内で安く買った物を高く売るという昔からある商売の基本となる稼ぎ方です。

まあ、最近は他人の買う権利を侵害する悪質な転売ヤーが暗躍していますが、セール品で仕入れたものや中古ゲームショップで安売りされていた物を転売するなどまっとうな物であればおかしなことではありません。

 

関連記事

副業のひとつに『せどり』というものがあります。基本的に自分が動き、見極めをつけて購入・販売する方法となる副業形態のひとつとなります。今回はそんな『せどり』の稼ぎ方について話をしていこうと思います。デメリットもあります[…]

副業

 

そしてもうひとつが、輸入ビジネスです。

日本と海外では物価も違いますし、そもそも日本も輸入品に関しては企業が利益の乗せた金額で販売・流通しているのが一般的です。

そもそも流通していない物にも需要はあるかもしれません。

そういったのを見つけ、海外で購入して日本に持ってきてフリマアプリなどで販売するのが輸入ビジネスです。

 

関連記事

副業として、個人で輸入で稼いでいる人がいらっしゃいます。何となく難しく感じる『輸入』ですが、必要なのは英語力でしょうか?それとも知識でしょうか?今回は、そんな個人の輸入ビジネスという副業について話をしていきたいと思います。[…]

副業

 

ただ、注意点としては関税や送料等が高額になる場合があるので、送料赤字にならないことなど注意をしなければなりません。

このように、不要品のフリマアプリ販売から副業にすることもできるのです。

 

Sponsored Link

 

まとめ

さて、不要品販売にてフリマを使ってみようということで話をしてきました。

副業をするにしても、土台は必要な物ですしやってみないうちは不安ということも多いでしょう。

だからこそ、まずは販売体験などをして自分の心に自信をつけると次に別の方法で稼ぐステップにいくハードルがかなり下がります。

やり方、考え方は人それぞれですが、実際に動き出してみることで変わることもあるのではないでしょうか。

本記事が参考になれば幸いです。