【副業】データ収集や分析ってどんな仕事?単純労働か難易度の高い高額案件か!

自分にはうまく文書を書く能力も、うまく個人売買をする能力もないと思っていませんか?

そういう人には『データ収集や分析』をする副業が合っているかもしれません。

利益は低いですが基本的には単純労働で、誰にでもできる仕事となりますし、分析までやると大変ですので気楽とはいえませんが高額な案件になってくるでしょう。

そんなデータ収集や分析の副業について今回は話をしていこうと思います。

本記事が参考になれば幸いです。

 

ちょっとここだけ

自宅にいながら副業をやってみませんか?

文書が得意であればテーマに沿って書くだけのライティング

デザインが得意ならロゴマークの作成やイラスト

プログラムが得意ならIT関連会社の外注スタッフ

などなど、多くの人が登録して日々お小遣いを稼いでいます。

空いた時間に自分の技術を活かして稼げるクラウドソーシングサービスをお試しください。

実際、いくつか仕事をしてみると、新しい自分の可能性が広がります。

もちろんお金はかかりませんので、登録して自分に合いそうな仕事があるか探してみてください。

 

クラウドソーシングサイト【クラウディア】


 

データ収集・分析の副業とは?どのようにして稼ぐことができるの?

猫に邪魔される仕事

データ収集・分析という仕事は、収集と分析によって違ってきます。

利益は低いですが、単純作業でさっさと案件をこなしていくのがデータ収集の仕事で依頼主より指定されたテーマを基にデータを集めて一覧に書き込んでいくだけの簡単な仕事となります。

一方で、データ分析の方はまさに探偵のごとく、調査から分析までをすべてやって依頼主にまとめたものを報告するという高額な案件となります。

一般的には、

 

 

在宅ワーク【Bizseek】



ワークスタイルの提案【_ist】

こういったクラウドソーシングサイトで案件を探すのですが、誰でもできる落ちている仕事としてはデータ収集がほとんどでしょう。

内容もさして難しい物ではなく、

「Amazonの売れ筋のお米をブランド名・金額を10件書いてください」

とか

「yahooで〇〇を検索したときに上位にいるサイトを10件URLを記載してください」

といった指示通りにリスト化するといった、誰でもできる非常に簡単な仕事です。

ただ、誰でもできる単純作業ということは単価も低く、上記案件一件につき5~10円といったことがザラです。

しかも単純作業なので多くの人が無茶苦茶飽きやすい作業です!!

ですので、本当に単純作業が好きな人、あまり考え事をしたくないけど隙間の時間に少しでも稼ぎたい人、個人の承認率を上げたい人などが好んでやる作業ではないかと思います。

ちなみに管理人の場合は以前、副業としてのウェブライターの仕事の合間に息抜きとしてやっていました。

 

関連記事

副業としてウェブライターの需要は年々高まっています。特に、先を見据えて経験やスキルになることをしようという大学生でも、空いた時間に執筆作業をすることで場合によってはアルバイト並みにお金を稼ぐことも可能です。実は意外と、時間の[…]

副業

 

確かに連続でやる分には、一時間で100円も稼げないようなレベルなのでずっとやる分には割にも合いませんし、さして面白い作業でもないので厳しいですが、クラウドソーシングサイトに登録すれば常に落ちている仕事ですので、実体験からするとうまく他の仕事の合間などとやるとだらけることもないのかなと思います。

一方でデータ分析の仕事は単純作業と違って難易度が高くなってきます。

というのも、

「〇〇という業種について、市場規模・顧客ニーズ・将来性・競合する会社・参入時の見込み売上額・隙間となる商品提案」

などといったさながら探偵のように調査と分析、そして個人の提案などをまとめて報告する仕事となります。

もちろん、データの収集もともなうので場合によっては現地調査や現地体験など必要になってくるでしょう。

ゆえに、単純作業として落ちている低単価の仕事とは違い、直接クライアントとサイトを通して契約する請負業務となります。

報酬も数万円単位に大幅にあがります。

こちらの場合、企業案件として有益なデータを提出できれば、継続して依頼がくることも。

いずれにしても、自分の体験などを文書にまとめるのは苦手だけど、まさに仕事形式のデータの収集や分析が得意という人がお小遣い稼ぎとしてやりたくなる仕事ではないかと思います。

 

Sponsored Link

 

データー収集・分析の仕事はどうやって始めればいいの?

データ収集・分析の仕事はインターネットに繋がったパソコンがあれば誰にでもすぐに作業することができます

基本的には、先にご紹介したクラウドソーシングサイトに登録するだけですぐにデータ収集の仕事をおこなうことはできるでしょう。

  • データ収集
  • データ入力
  • リスト作成

といった形で検索すればすぐに何十件も出てくるので、やりやすそうなところを選ぶと説明がでてくるので、それに従って作業をするだけです。

音楽でも聴きながらデータを集めてリストに追記していくといいでしょう。

クラウドソーシングサイトに登録したばかりの初心者がいきなり高額案件を狙うのはオススメしませんが、

  • 市場調査
  • 現地調査
  • 分析調査

といった項目であたれば、高額の分析案件が表示されます。

依頼主となる企業によってやり方や守秘義務などさまざまなことが書かれていますので、自分にできると思ったらやってみるといいかと思います。

ただし、データ収集やレビュー案件など一定の仕事をこなして承認率が高い人のみが請けらえるということも多いので、信用を積むためにもクラウドソーシングサイトに登録したらまずは低単価でも自分にできそうな案件からこなすのが一般的な始め方です。

 

Sponsored Link

 

必要なスキル・資格は?

勉強

データ収集・分析の副業において特別に資格は必要ありません。

しいていえば、エクセルなど表計算ソフトはある程度つかいこなせると戸惑うことがありません。

なぜなら、データ収集作業で記載していくリストはweb上にあげられたエクセルフォームに書き入れるというのが一般的だからです。

これにはデータ分析の仕事の方もさして変わらず、データを可視化したものとしてグラフ化したりと資料をうまくクライアントにわかりやすくまとめる必要があるからです。

まあ、この辺りのレポート化に関しては分析も含めてある程度の専門知識が必要な場合もありますので、高単価ならではの難易度といえるでしょう。

ちなみに、プログラムが組める人であればデータ収集の裏ワザとしてプログラムを走らせて一瞬でデータを収集し、出来上がったものを軽く目視で確認をしたり、整形だけして納品とする人もいます。

自身のさまざまな工夫やスキルを利用することで、単純作業を効率化して稼ぐ人もいるということですね。

実際、やっていることは企業がやっていることを外注として出しているだけですので、社会人経験がある人や現役で働いている人であれば似た作業の経験をしたことがあるという人は多いかと思います。

そういった人にとっては、会社外でビジネススキルを利用した仕事と捉えればデータ収集も分析も案外やってみると難しくはないのかもしれませんね。

 

データ収集・分析の収入や条件の目安

報酬額:1件 5円~10万円 収集・分析と作業による

月収:数百円~10万円程度

労働時間:5分~数時間以上

働ける時間帯:24時間いつでも

 

Sponsored Link

 

まとめ

さて、データ収集・分析の副業について話をしてきました。

情報を集める仕事というのは企業がよくしていることで、膨大なデータになると自社社員にそんな単純作業をやらせるより外注にした方がいいという判断でしょうか。毎日データ収集に関しては多くの仕事が落ちています。

純粋に単純作業と考えると楽な仕事ではありますが、飽きやすいのが非常にネックです。ですがクラウドソーシングサイト初心者向けです。

その一方で、データ分析はクライアントのことを考えた詳しい調査データが必要となる作業なので、こちらの方は難易度がかなり高く初心者にはオススメはしません。

どちらにしても、やることは会社組織内の仕事と同義ですのでビジネスとしてクオリティー高くやる作業であることは間違いないかと思います。

本記事が参考になれば幸いです。