【副業】ハンドメイド販売の始め方とは?趣味を副業にして稼げるように!

裁縫などが得意だったりしませんでしょうか?

もし、趣味でモノ作りをすることがあるようでしたら、副業として稼げるスキルをもっているのかもしれません。

本記事では、そんなハンドメイド販売の始め方についての話をしていこうと思います。

本記事が参考になれば幸いです。

 

ちょっとここだけ

自宅にいながら副業をやってみませんか?

文書が得意であればテーマに沿って書くだけのライティング

デザインが得意ならロゴマークの作成やイラスト

プログラムが得意ならIT関連会社の外注スタッフ

などなど、多くの人が登録して日々お小遣いを稼いでいます。

空いた時間に自分の技術を活かして稼げるクラウドソーシングサービスをお試しください。

実際、いくつか仕事をしてみると、新しい自分の可能性が広がります。

もちろんお金はかかりませんので、登録して自分に合いそうな仕事があるか探してみてください。

 

クラウドソーシングサイト【クラウディア】


 

ハンドメイド販売とは?どのようにして稼ぐことができるの?

刺繍

ハンドメイド販売とは、洋服や雑貨や小物など自分で製作した物を販売してお金を稼ぐという副業形態のひとつとなります。

最近では、働き方改革による副業推進や特化したインターネットサービスも増え始めて急にその市場が拡大している女性に人気の副業となってきました。

昔から裁縫が得意だったり、小物を作るのが得意だったりと何らかのモノ作りの趣味があった、あるいは手芸関係の仕事をしていて引退した、などといった人には楽しさと稼ぎを両立できるまさに最適の副業かもしれません。

ちなみに、ハンドメイド品といっても多彩にあり、

  • 洋服
  • 家具
  • 玩具
  • 写真

などなど、それぞれ得意なジャンルのスキルを活かして販売することが可能です。

ただし、人気の副業であるうえに『好きな物こそ上手なれ』とでもいうべきでしょうか、レベルの高いクリエイターさん達がひしめいており、どのジャンルでも強力なライバルが多いというのは確かです。

商品のオリジナル性・クオリティ・魅せ方などといった自分なりの販売方法を工夫していくことが、顧客の心を掴んで稼げるようになる第一歩です。

なお、販売方法として一般的なのは下記のようなオンラインマーケットに登録して売れるのを待つというのが王道です。

ハンドメイド販売に興味があれば覗いてみるといいかと思います。

 

ハンドメイド品オンラインマーケット



 

あとは、ヤフオクやメルカリといったオークション形式で販売をする方法、アクティブにやるのであればLive配信などで自分から積極的に視聴者に売り込むということも可能です。

もちろん、オリジナル作品としてネットショップを自分で開設して販売するという方法も。

 

関連記事

すでに会社が従業員個人を守ってくれる時代は終わり、新卒で入社して定年まで勤めきる人が少ない時代となってしまいました。元々はバブルがはじけて以降、企業が自分さえよければいいという経費削減を前面に押し出して社内留保を増やす経営者が増え、[…]

副業

 

いずれにしても、自身の作品を『売る』というサービスは数多くあり、ある程度の売るセンスは問われるとはいえ、作品そのものがよければ自然と利益に繋がっていく副業ではないでしょうか。

 

Sponsored Link

 

ハンドメイド販売はどうやって始めればいいの?

ハンドメイド販売の始め方は特別難しいことはありません。

  1. ハンドメイド品を販売できるサイトに登録する
  2. ハンドメイドでオリジナル商品を作る
  3. 写真を撮り、値段を決めて掲載する
  4. サイト利用者に商品が購入される
  5. 販売手数料が引かれた金額が振り込まれる

といった形で、比重が大きいのがハンドメイドで自作の商品を作ることくらいなもので、後は掲載さえしてしまえば、欲しいと思った人が購入するのを待つだけです。

値段の付け方が難しいと感じるのであれば、他の人の出品状況を見て大体の相場を知識として得ておきましょう

とはいえ、薄利多売を目指すのか高いクオリティーで高額販売を目指すのかは本人しだいですので、原価からの手数料を引いた粗利率や粗利額を考えるというのも重要です。

せっかく多大な時間をかけて製作したものが雀の涙というのは悲しいですからね。

ちなみに、ハンドメイド品は顧客の要望に合わせた受注生産品として依頼を請けるといった場合がありますが、この場合は難易度は高くなってしまうものの、報酬額もそれなりに見込むことができるでしょう。

 

Sponsored Link

 

必要なスキル・資格は?

勉強

さて、ハンドメイド販売という副業に必要な資格やスキルですが、

  • ハンドメイドでオリジナル商品を作れる技術
  • 写真のセンス

といったところでしょうか。

当然ながら小物や雑貨などを作成することが大前提の副業ですので、材料を購入して製作するというスキルはなくてはなりません。

まあ、友人がこういったクラフトが得意で製作者と販売者を分業する『せどり』方式をする場合は自身にクラフト技術がなくてもいいかもしれません。

その場合、ちゃんと売れた時の報酬の分配方法等を考えないと喧嘩になってしまうので、もちかけるにしても注意が必要です。

 

関連記事

副業のひとつに『せどり』というものがあります。基本的に自分が動き、見極めをつけて購入・販売する方法となる副業形態のひとつとなります。今回はそんな『せどり』の稼ぎ方について話をしていこうと思います。デメリットもあります[…]

副業

 

ですが、いずれにしても必要になってくるのは写真のセンスです。

インターネットで販売する以上、ユーザーは実物に購入前に触れることはできません。

いかにして購入意欲を刺激する写真を撮ることができるのか、質感などをいかに表現するのか、それだけで売上数量は雲泥の差で変わってくるでしょう。

他にも、ラッピングを重視してお届けしたり、手紙を添えて送るなどをするとリピーターになってくれる可能性も上がります。

簡易包装で商品だけ送られたとしても、それ以上の付加価値はありませんが、品を買った以上に何らかの喜びをユーザー側が感じるようであれば「また買いたい」とファンになってくれるでしょう。

すると、必然的に同じクリエイターさんの作品を見かけたら流し見せずに、ちゃんと見てくれるようになります。

そう、ただ作品のクオリティーを上げるだけではなくファンを増やしていくことがハンドメイド販売において売上を継続的に伸ばしていく最善の方法だったりするのです。

ある意味、リピーターを作るというのも必要なスキルなのかもしれませんね。

 

ハンドメイド販売の収入や条件の目安

報酬額:1作品 100円~3万円程度

月収:0~10万円 ※生産効率やクオリティーなどさまざまな要素が絡む

労働時間:1時間~

働ける時間帯:24時間いつでも

 

Sponsored Link

 

まとめ

さて、ハンドメイド販売の副業について話をしてきました。

服飾や雑貨や家具製作において男性も技術があればおこなっている人はいますが、やはり女性の方がこの副業を選択する人は多いです。

それぞれの持ち前の技術を活かして稼ぐことが可能ですし、元々が服飾の専門学校を出た人が結婚で仕事を引退してから始めたという人がやるということも多いようです。

裁縫など物を作ることが好きな人にはピッタリな副業ではないでしょうか?

本記事が参考になれば幸いです。