台湾の雑貨は安い!かわいい!お洒落!インスタでお手軽に入手しよう!

当ブログにてフォローをさせていただいている、インスタグラマーにして、インスタグラムでライブ販売をおこなっているcandypinkbearさんですが、今回は台湾雑貨を入手したとのことで画像をいただきました。

日本ではなかなか見かけないこともあり、インスタライブで出すとすぐに買い手がついてなくなってしまうとのこと。

比較的日本人好みで、珍しい!安い!かわいい!お洒落!なのが、見る人にとってウケがよくて思わず買ってしまうのかもしれませんね。

今後、candypinkbearさんのライブで紹介されると思いますが、今回はどのような台湾雑貨を入手したのか、お伝えしていきたいと思います。

本記事の最後に、candypinkbearさんのご紹介をしますので興味をもったらフォローをお願いします。

 

関連記事

当ブログよりフォローをさせていただいている、candypinkbearさんのInstagramでのLive販売がありました。彼女は、海外から輸入したヴィンテージキャラクターグッズを販売しています。日本ではなかなか手に入らない[…]

 


Sponsored Link

 

仕入れた台湾雑貨をそれぞれ紹介!

日本の親日国である台湾という国。だからこそ、日本人は観光に行き、そして台湾の人もまた日本へと足を運んで観光をしにきています。

非常に有効的な関係である台湾ですので、この国が好き!という人も多いでしょう。

そして、ふと台湾に旅行に行った時にちょっとした雑貨に物珍しさを感じながらも入手を逃してしまった!

あるいは、どこかで見かけて欲しくなった!初めてみたけどかわいい!センスがいい!などで欲しがる人も実は多いんです。

台湾雑貨に興味がある!欲しかったのに手に入れることができなかった!そんな台湾の雑貨に興味がある人に向けてここからは画像にてご紹介をしていきましょう。

 

 

まず最初に、可愛いキャラクターと共に『冷凍袋』と書かれた袋の写真です。

さてさて、この冷凍袋ですがこの写真からどのように使われると想像しますか?

アイスの絵が描いてあるから溶けないように冷凍物を保存できる袋?

いえ、ちょっと違うんです。台湾では、この中にジュースを入れて木の棒を入れて凍らせるものなんですよ!

はい、なんとなく想像はついたかと思いますが個人でアイスキャンディーを作る為の袋なんですね。

しかし、用途がアイスキャンディーを作るものだからというだけでは勿体ない。たとえば、この可愛い絵柄を生かしてラッピングしたり、小さなお菓子をまとめたりと、使い方にこだわる必要はないんです。

 

 

日本で販売されているものはシンプルな冷凍袋ばかりのイメージですが、幼稚園くらいのお子さんがいると、こういったちょっと可愛い絵柄の袋でお菓子とか持たせてあげると喜びそうですね。

 

 

続いて『PAPER CUP』と書かれた写真です。

仕入先に確認をすると、お祭りのときにジュースを入れる為の紙コップのようなものという回答があったようです。

しかも、紙コップよりも柔らかいから本当にただの紙に近く、しかしこぼれません。

 

 

調べてみるとこんな感じの使い方ですね。持ち手に不安をおぼえるかもしれませんが、喉が渇いた時にサッと飲むことができるのはお手軽かもしれません。

普段の生活なら、クスリを飲むときに使えばいちいちコップを洗う必要もないので便利でしょう。

 

 

続いては、どこかレトロなアニメを思い出させるような女の子が描かれた四角い袋。

実はcandypinkbearさんも、可愛いから仕入れた!というまさに勢いで輸入してしまったちょっと薄めの紙袋です。(おいおい)

なので(勢いだけで買ったせいで)用途は明らかにされなかったのですが、肉まんやあんまんなどを入れるときに使う袋に似ていると思いませんか?

察するに屋台の多い台湾という国ですので、ポテトとか唐揚げとかドネルケバブなどをお手軽に持ち運びできるようにした袋かと思います。

 

 

続いては、イチゴの可愛らしいデザインの紙物です。写真が送られてきたときには、

「紙コップっぽい」

とのこと。ふんわりだな!!ぽいってなんだ、ぽいって!

よくよく聞いてみるとサイズ的には小さなものでしっかりしている作りなので、銀杏などの小さな身を入れたりするものではないかとのことです。

なるほど、紙製の容器には間違いないみたいです。

まあ、ここではcandypinkbearさんが届いたものを先行で画像を送ってもらっているだけですので、判明したら詳細はライブ等で教えてくれることでしょう。

 

 

さて、これまた可愛らしいデザインの細長い袋

どことなく、ひと昔前の日本でも商品を購入したらこのようにお店のロゴではなく、ちょっとアクセントのある袋があった気がしますがいまはあまり見かけませんよね。

さて、なぜ縦に細長いのかというと、

 

 

このようにジュースを持ち運ぶことのできる袋なのです。台湾では日常的なものなのだとか?

 

 

ちなみに、普通のレジ袋がコレだそうです。この人いろんなもん仕入れてるな……。

台湾雑貨で欲しい物があれば問い合わせると案外ポンッと出てくるかもしれません。

台湾雑貨も含めてアメリカなど外国のヴィンテージ品等の独自輸入品仕入ルートを持っている人なので希望があれば探して入荷してくれるかもしれませんので欲しいものがあれば、DMで直接問い合わせてみるのもアリです。

 

 

 

さて、次々に出てきたのは台湾製のOPP袋です。

ちなみに、OPP袋とは透明フィルムを袋状にしたもので、中身を映えさせる為の包装用袋となります。

純粋にコレは日本製か台湾製かしか違いはないのですが、やはりデザインの好みは人それぞれですので、こういったデザインの物を探していた!というのであれば、欲しがることもあるのではないかと思います。

輸入物ですので、国内ではあまり所持者はいません。ラッピングなどで他人と違うことがしたい!と思っている人はひとつのバリエーションとして持っておくのはいいのかもしれませんね。

 

 

今回は総じて見てみると、食品包装用などの紙物雑貨ばかりを入手したようですね。最後にこの5つの画像が送られてきました。

一見すると小さなポチ袋のように見えますね。聞いてみると、マルシェ袋ふつうの紙袋のようです。

ちなみに、マルシェ袋とはパンとか野菜とか束にしたり、食品に対して人が触って問題ない部分として上からかぶせるものとして使われるものです。

実用性のみであれば、日本でも流通しているものがあるのでそれを使えばいいですが、これは台湾で使われて流通しているものですので日本ではちょっと珍しいものとなります。

他人と一緒は嫌だから違うものを探している!という人はこういった海外雑貨をあたってみるといいかもしれません。

 

Sponsored Link

 

candypinkbearさんのインスタグラムのLiveに参加しよう

ということで、ご紹介をさせていただいた『candypinkbear』さん。

彼女はインスタグラムでLive販売をしており、扱っているものは主に独自のルートで仕入れている海外物のヴィンテージ物や、キャラクターグッズ類です。他にもたまに日本のレトロな物などを扱っており、本人もこういった物が好きだから商品にしているとのこと。

  • チケットロール
  • サプライズトイ
  • ヴィンテージフィギュア
  • ヴィンテージ本
  • 紙物類
  • キャラクターグッズ

などなどをインスタグラムより販売をしていますので、興味があればぜひフォローをお願いします。

※商品参考画像

ディズニービンテージ本

 

 

上記ピンクベアーclickでインスタグラムのページに飛びます。

本ブログで紹介しているcandypinkbearさんのまとめ記事です。

当ブログ内にて応援し、フォローしているcandypinkbearさん。彼女はインスタグラムにて、Live販売を行っています。ヴィンテージグッズ・キャラクターグッズ・サプライズトイ・チケットロール・ラッピング材に使える紙物など[…]

 

 





 

Sponsored Link


まとめ

さて、今回、台湾雑貨についてまとめてみました。

candypinkbearさんは、多くの仕入れルートを持っている為、今回は台湾雑貨として紙物関連を仕入れていたようです。

やはりなかなか海外のものは日本では流通しないものですし、物珍しさから買い手も多いみたいです。仕入れもやはり数に限りがありますので、なくなった際には再入荷まで時間がかかったり、手に入らなくなってしまうものもあります。

なので、欲しいと思ったら、ためらわずに欲しい時に入手するのがいいかと思います。

本記事が参考になれば幸いです。